夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想をいただきました〜2〜

子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想をいただきました〜2〜

2022.5.4


4/28に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。

幼少の頃より父親の暴力、暴力を知っているのに助けてくれない祖父母・母親、
子の気持ち人権など無い世間体第一の家庭、
両親から繰り返し浴びせられる否定のダメ出し、
矛盾だらけのしつけ(人に酷い子を言っては行けません→親から人格否定されまくり、人に暴力を振るってはいけません
→理不尽な理由で父親から暴力をふるわれ誰も助けてくれないむしろ父親の気に入らないことをした私が悪いので叩かれて当然と言う空気、嫌な事をされても受け流し忘れ(許し)なさい
→怒られた後、両親の怒りが収まるまで無視されたり酷い言葉投げかけられたりビクビクしながら待つしか無かった(許して貰えなかった))
で小学校の低学年から自分が大嫌いで価値もなく今すぐにでも消えたい(死にたい)と思い生きてきました。
思ったこと、やりたい事を親に言えない、言ってはいけない、言っても無駄(否定される)としか思えなくなっています。

それに加え今は離婚問題と子供達が児童相談所の一時保護になり何重にも問題が積み上がった最悪の状態です。
そんな時にたまたま検索で山田先生のサイトに辿り着きすぐに連絡させて頂きました。
まず驚いたのがお返事の速さで、問い合わせをした数時間後にお返事があり、
問い合わせの翌日か翌々日にどうですか?
と提案して下さり即カウンセリングをして頂けました。
ずっと不安なまま過ごしていた自分にとって素早い対応をして頂けたことは大きな安心でした。

オンラインでのカウンセリングでしたがカメラはオフでいいですよ、
と先に先生からメールで伝えて下さり気持ちの負担がなかったです。

精神的に疲弊しており、人のかすかに聞こえるため息や声のトーンにビクビクしがちになっていましたが、
先生とお話していてそう言った苦痛を感じることはありませんでした。
気持ちの負担がなく話せたので何でも話すことが出来てよかったです。

話をまとめるのが上手でない私の話を長時間聞いてくださり、
要所で立ち止まり先生のおっしゃったことを自分の口で繰り返す作業をしました。
先生の言葉を何度も自分の口から発したことでトラウマの原因が浮き彫りになったり、
口にすら出せない言葉があったりと心の奥底にあった問題が浮き彫りになりました。

細部まできちんと『聴いて』下さるので、
私が言ってない事を先生はどんどん気付いてくれて指摘してくれました。
今まで誰かに言うのが恥ずかしい、ダメな事だと思い、
閉じ込めていた思いを先生が言葉にして理解して下さるった事に驚き、とにかく嬉しかった。
すごく気持ちが軽くなりました。


私的に気付きとして大きかったのは『親は親、私は私』でした。

理屈で分かっていても矛盾の中で生きてきた私には、
消化も納得も割り切りも出来ず長年の親を恨む許せない気持ちが問題であるということ。
嫌でも納得できなくてもそう思わないと変わらないのかな?と気付いた。

私の解釈はさておき、カウンセリングを受けられた事はとても大きな出来事になりました。
山田先生には感謝の気持ちしかありません。

Theネガティブな私なので全てがクリアにはなった訳ではありませんが、
気付かせて頂いたことはとても大きな収穫になったと感じますし、
少しでも可能性があるなら是非ともカウンセリングを続けたいと思います。

(7歳と4歳の子のママ)

こちらのママ、精神科にも通っていますが、精神科では入院を勧められるだけで、
虐待をやめるには今の夫と離婚するしかないと言われていたそうです。

離婚すると短期的にはイライラの発生源がなくなる気がするのですが、
自分の中にある根本的な原因を何とかしない限りは、
また違う形で問題が起きてしまいます。

こちらのママとの会話で、冒頭から言葉の裏で伝わってきたのは、怒り・つらみです。
自分を叩いたり蹴ったりしていた父とその時助けてくれなかった母へのものです。

まずはその怒り・つらみをしっかりと言葉にして出す、
自分の中で押し殺さない、そういう感情が自分の中にあるということ認めてもらいました。
未消化な気持ちがあるままだと、日常生活のふとしたことで、
その気持ちに火がついてしまい、弱い立場の子供に手が出てしまうからです。

また、親から言われ続けた言葉によって、自分なんか死んだらいいという自己否定的なセルフイメージが染み付いているとのことでした。
それは親から言われたからそう思ってるだけで、真実は違うんですよと私は伝えました。
子供は素直なので、誰から言われ続けたら「そうなんだ」と思ってしまいます。

現在、こちらのママにとっては離婚調停中・子どもが児相にいるという辛い状況ですが、
その状況は、自分が何かを乗り越えて、前に進むための状況なんです。

つまり、未消化な気持ちをちゃんと消化して、
自己否定的なセルフイメージをリセットする、
そうすることで、彼女は平穏で幸せな日々を取り戻すことができます。

具体的には、
親は親、私は私
私は今のままで価値がある
私は今のまま愛されていい
・私は今のまま認められている
を、言葉にして言ってみる。
ということをやってもらいました。

今まで真逆の価値観・セルフイメージで生きていた人にとっては、
嘘くさく、嫌悪感すら感じる言葉に聞こえるはずです。
実は私もそうでした。

それは、今までとは180度違う価値観なので、脳がびっくりしているだけです。
言い続けることで、確実にあなたの人生も変わっていきます。

次はあなたの番です!

私も相談したい!自分の場合はどうなのか聞いてみたい!というあなた、
お問い合わせフォームで「無料相談希望」と書いて、送信してください。
・子どもを叩くのをやめたい人
・感想を書いてくれる人
・ブログや今後出版予定の本に話の内容を載せてもいいという人
限定で、無料で1〜2時間、オンライン相談ができます。
守秘義務は厳守し、個人が特定されるようなことはありません。

カテゴリー: クライアントの声


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 退屈・つまらない毎日・人生をなんとかしようとしな...

    あなたの人生、楽しいですか? 人生はうまくいってるはずなのに・・・・ 毎日つまらない、楽しくない 退屈...

    詳しく読む
  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想を...

    6/1に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。   山田さんこの度は、私の話をじっくりと聴いて...

    詳しく読む
  • 虐待をやめる3つのポイント

    ありがたいことに、最近、ご相談をいただけるようになってきました。(トップページで無料相談の募集をしています!) 話を聞...

    詳しく読む
  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想を...

    4/28に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。 幼少の頃より父親の暴力、暴力を知っているの...

    詳しく読む
  • 虐待をやめたいなら・・・

    昨日は久しぶりに虐待をやめたい人の相談に乗っていました。そこで改めて思ったのですが、虐待は虐待が問題じゃないということ...

    詳しく読む