夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

あなたのストレス解消法は?

2021.1.18


こんばんは、虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。

 

あなたは「私はこうやってストレス解消してます!」と言えることありますか?
私が虐待していたとき、家族4人で電車に乗って品川とかお台場とか行ってました。
ご飯食べて、買い物する・・・みたいな感じでしたかね。
今思うと、あまりうまく息抜きできてなかったなと思います。

もう少し自分なりのストレス解消法というか、リフレッシュ方法を持っていれば、
虐待していなかったかもしれないなと思います。

 

なぜ?

そんなことを思ったかと言うと、私、去年秋ぐらいから釣りをはじめました。
元々海遊びが大好きだったんですが、釣りはしていませんでした。

お台場に行って、ふと海側(ビーナスフォートの裏)に寄ったときに釣り人がいるのを見て、
「こんなところでも魚釣る人おるんや・・・」と思ったのがきっかけで、
やってみたら、けっこう簡単に釣れるし子どもも喜ぶので、どはまりしました。

魚は寒い時期はじっとしている事が多いので、ここ1カ月は行ってなかったのですが、
あるYoutuberが冬でも釣れています!と動画をアップしているのを見て、
今日も行ってきたんです。

寒かったので、16時~18時の2時間、子どもたちと頑張ってきました。

その結果・・・

ボウズでした。釣れませんでした。

が、その帰り道、「いい気分転換になったな♪」と感じたんです。

 

虐待をしていたころ、冒頭で言ったようなお台場とか人の多いところで、
ビュッフェ食べて、ブラブラ買い物したりして、
結局人ごみばっかりで疲れていたいた気がします。

「いい気分転換になった」という感じはなかったですね。
今日は頭もスッキリして心地好い帰り道でした。

 

さて、

あなたはうまく気分転換できていますか?

人ごみの中、都会の喧騒に疲れていませんか?

自分でも気づかない慢性的な疲れやストレス状態になっていませんか?

 

ぜひ、海を見るなど、普段行かないところでリフレッシュしてみてください。

(私は車持ってないのですが、カーシェアで城南島海浜公園というところで釣りをしてきました。)

 

P.S.提供中のサービス一覧を更新しました。

コロナのため、オンラインまたはメールでの相談を受け付けています。

「誰にもバレずに虐待をやめたい!」という方、お待ちしています。

 

カテゴリー: 男性・夫の心理


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 苦手な人との付き合い方、本質的な解決方法の決定版...

    あなたの回りに苦手な人っていませんか? もちろん、人によってどんな人が苦手かは違います。 私も未だに「この人、嫌い!...

    詳しく読む
  • 妻がいつも子供に怒ってばかりいる。笑顔が見たい。...

    心理カウンセラーの山田です。 「最近、妻がいつも子供に怒ってるなーーー」って、 ちょっと嫌な気持ちになっていませんか...

    詳しく読む
  • 怒りという感情は悪いことではない?ポジティブな側...

    心理カウンセラーの山田です。 今日は、「怒り」という感情のポジティブな側面をお伝えします。 特に、「怒り」は悪いと思...

    詳しく読む
  • 仕事に頑張りすぎてイライラしてる人へ

    最近私は講師をしていて、とてもストレスを感じています。 毎日次の日の教材を読んで、その日の講義が終わったら...

    詳しく読む
  • 無駄使いをなくすためにも、ジャッジを手放そう

    心理カウンセラーの山田孝典です。 私は最近、ジャッジを手放すにこっています。 虐待をやめたときにも向き合っていたテー...

    詳しく読む