夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • イライラが止まらない!子どもに当たってしまう!最も簡単な解消法は?

イライラが止まらない!子どもに当たってしまう!最も簡単な解消法は?

2019.2.13


育児で毎日イライラしていませんか?

私は朝夕の保育園の送迎をしています。
上は5歳、下は3歳の男の子なんですが、
とにかく送迎が大変で、めちゃくちゃイライラしていました。

家から保育園までちょっと離れていて、
徒歩20分ぐらいかかります。

何が大変かというと、

  • 子どもが普通に歩いてくれない
  • 兄弟で喧嘩して立ち止まる
  • すぐに塀に乗って遊びだす

そんな感じで、なかなか前に進んでくれないんですよ。

朝は早く送って仕事を始めたい。
夕方は早く迎えて帰宅してご飯を食べたい。
そんな「早く早く」という思いがあるので、
前に進まないことに超絶イライラ。

いつも

  • 早く歩け!
  • 今日はまっすぐ帰るぞ!
  • ええ加減にせえ!

と怒鳴っていました。

それが、あることをしたらイライラしなくなったんです。

フィットネスクラブに通いはじめた

Playgroundというフィットネスクラブがあります。
今はやりのマンツーマンの筋トレではなく、
インストラクターの指示のもと、
身体を動かすプログラム形式のものです。

そこについ先週体験レッスンを受けて、
そのまま入会しました。

通い始めたきっかけは、
先日の男性向けセミナーで、
「男性は筋トレをすると簡単に自信がつくよ」
と教えられたことが1つ。

もう1つは、仕事で4月から講師をするので、
中肉中背をちょっと引き締めて、
ビシッとスーツを着こなしたいと思ったから。

体験レッスンでは30分間、
いろんな動きをして有酸素運動をするのですが、
終わったらくたくた。
開始3分の時点で「はよ終われ」って思ってました。

ですが、体験レッスンが終わって、
そのまま子どもを迎えに行ったのですが、
いつもならイライラしていた帰宅道、
全然イライラしないことに気づいたんです。

子どもたちはいつものように、
戦いごっこや徒競走をして、
負けた弟君が立ち止まって泣いている。

いつもならそこで、
「はよ歩かんかい!」と怒鳴っていたのですが、
その日は「どうしたの?なんで泣いてるの?」
とニコニコ接することができました。

運動不足がイライラの原因の1つ

適度な運動が大事です。
って何かにつけて言われますよね?

この言葉って主に、健康のため、
メタボ解消や数値の改善のために言われてると思うんです。
確かにそれも大事なんですが、
ストレス解消
に直結しているなと感じました。

私は今は個人事業主なので、
基本的にはカフェで仕事をしていて、
あまり人と会いません。

1人で仕事をしていると、
あまり楽しみがないんです。
1人で仕事してるだけでも、
ストレスってたまるんですよね。

そこで、運動すると、
そんなストレスが一気に発散されますね。

適度な運動ほど、
「大事大事と言われてるけど、最も実践されていないものはない」
そう思いました。

奥さんと一緒にバトミントンがオススメ

もちろん、お金のかかるジムやフィットネスに通う必要はありません。
ランニングをしたり、公共プールで泳ぐでもOKです。

私はこれまで、週末、たまーに奥さんとバトミントンすることがあったのですが、
不思議なことに、喧嘩していても仲直りできるんです。

金曜日の夜、夫婦の風通しがなんとなく悪くても、
土曜日、子どもを連れ出すために公園へ行く。
親は広場でバトミントン。

そうすると、一緒にラリーの回数をカウントしてるだけなんですが、
やっぱりめっちゃ楽しいんですよ、身体動かすのって。

日頃全く身体を動かす機会がないので、
数回ラリーをするだけで、翌日筋肉痛になります。

ですが、遊び終わる頃には、
奥さんと「楽しかったね♪」「やっぱり運動って重要よね」
なんて毎回言っています。

もしあなたも、日頃運動していないなら、
奥さんと休みの日にバトミントンしてみてください。
(風のある日はできませんが)

家でずっと過ごしたり、
お出かけするだけではなく、
ちょっと運動を取り入れるだけで、
気分が全然違いますよ。
夫婦円満にも繋がります。

慢性的なイライラの解消にも、適度な運動がオススメ

私が子どもを虐待していた頃は、
バトミントンはおろか、全く運動していませんでした。
なんせ時間を見つけては、副業したいと思っていたので。

そんな状況で、ストレスの発散ができていませんでした。
完全な慢性イライラ状態になっていました。

もしあの頃に戻って、バトミントンをやっていたら、
もしかして虐待はしていなかったかもしれません。
(もしもの話しなので分かりませんが)

私はカウンセラーとしては、
クライアントの内面、心にフォーカスをして、
カウンセリングを提供していますが、
このような適度な運動の重要性も伝えていった方がいいなと感じました。

いくらカウンセリングによって、
心のあり方が整っていったとしても、
それでもストレスというのは必ず溜まるからです。

そのストレスがイライラに繋がるため、
「慢性イライラ状態になってるな」と感じているなら、
まずは手っとり早く運動してみることをオススメします。

適度な運動ほど、
「大事大事と言われてるけど、最も実践されていないものはない」
と最近感じているからです。

カテゴリー: 育児・子育て


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは? New

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー... New

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした... New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決 New

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む