夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 育児パパ「やりたいことがあるけど、時間が絶望的に足りない」

育児パパ「やりたいことがあるけど、時間が絶望的に足りない」

2019.7.2


おはようございます。
虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。

 

あなたは「やりたいことがあるけど、時間が絶望的に足りない」
って思っていませんか?

私もこの点については本当に苦労しました。
今でも気づくと時間に追われてる気分になります。
はっと気づいて、そんなにあわてなくても良かったんだって我に返っても、
1週間ぐらいするとまた何か新しいことを始めたくなる。
そしてまた時間に追われてイライラ…
今だにそんなことがあります。

子育ての悩み、子育てでイライラする原因は、
もう、これに尽きますよ。

ずばり、

  • 時間に追われている
  • 時間のゆとりがないから

ですね。

今日は、時間が絶望的に足りないと感じているあなたを、
足りない症候群から解放してあげたいなと思います。

 

あなたは仕事以外でどんなことをやろうとしていますか?

普通のサラリーマンのパパなら、
だいたい毎日9時~18時は会社にいますよね。
帰宅するのは早くても19時でしょうか。
そこから夕飯食べて、お風呂入って、
子どもの寝かしつけがようやく22時頃でしょうか。

その間に、子どもとちょっと遊んだりというのも、
仕事に入ってくるかもしれませんね。

普通のルーチンワークをやってもう22時ですよ…。
しかも休む間もなく。
残念ながら、それ以上のことをしようとすると、
確実に時間に追われてイライラします。

それ以上のことと言うのは、
例えば私の場合なら、

  • 毎日、このブログを書こうとする(副業など)
  • 毎日、家庭のことで奥さんの話しあい(お金や教育の話など)

こんなことが挙げられます。

あなたは日々、仕事以外でどんなことをやりたいと思っていますか?

  • 趣味
  • ゲーム

こういうことが入ってくるかもしれませんね。
ゲームをやろうとしたら、とてもじゃないけど毎日1時間じゃ足りませんよね。
最低でも2時間は欲しいところです。

私の家では、子どもの寝かしつけがようやく22時に完了。
大人の時間ができるのがよやく22時15分ぐらいから。

そのあとでこのブログを書いたり、奥さんとの話し合い、
2つのことをやろうとすると、絶望的に時間が足りません。

どうすればいいと思いますか?

 

子どもをもっと早く寝かせる?

アイデアとして、寝かしつけを早くするというのが出てきそうです。
素敵なアイデアです。
寝かしつけを早くして、その後1時間増えるだけで、
全然違いますよね。

ただ、寝かしつけを早くしようとすると、
食べて、すぐ風呂入れて、すぐ寝る。

そんな詰め込み型になってしまうと思います。
それで何か問題があるわけではないのですが、
なんとなく「あんまり子どもと触れ合ってないな…」
そんな罪悪感が湧いてくるのではないでしょうか。

効率優先で、子どもと全く話す暇がない。
子どもがかわいそうだ…という気分になりそうです。

 

エンジニアの優先事項

私の本職はエンジニアですが、
どのプロジェクトでも納期は大事です。

納期を守る上では、スケジュールを立てますよね。
どのプロジェクトでもスケジュールがあります。

しかし、どれだけ練ってスケジュールをたてても、
5割ぐらいのプロジェクトは納期より遅れています。

このときに、2つの対応策があります。

1つ目は、残業して頑張るです。
納期から遅れながらも、ダメージを抑えるために、
残業してマンパワーで頑張るパターン。

こうすると、メンバーがどんどん疲弊して、
モチベーションが下がっていきます。
あまりよい方法ではありません。

もう1つは、納品物を減らしてもらう方法です。
お客さんにお願いして、今回は納期に間に合わせるために、
この部分は申し訳ないですが納品できません。
とゴメンなさいをする方法です。

こうすると、一気に時間のゆとりができて、
メンバーも疲労回復し、ゴールに向かうことができます。

これ以外にも対応策はあるかと思いますが、
実際に職場で見るのはこのどちらかですね。

 

なぜこの例を紹介したかというと、
「そもそもの分量を減らす」ことが大事ですよ。
ってあなたに伝えたかったからです。

あれもこれもすべて、
完璧な条件になるためのすべて、
それをやるのは大変ですよ。
とあなたに伝えたかったからです。

つまり、
仕事だけでも大変なのに、
育児もして家事も手伝って、
その上副業もして妻のご機嫌もとって・・・・
さらに趣味ですが?
これは無理です!!!!

もともと無理なことをしようとしています。
ぜひ、やる分量を減らしてください。
それができたら、イライラはなくなりますよ。

 

ではここからは、「やる分量を減らす」ために必要な、
2つの考え方をお伝えします。

 

人間に必要なのは以外と少ない

もしかしてあなたは、
「〇〇も△△も揃って、はじめて幸せだ」
と考えていませんか?

例えば、

  • 十分な時間的余裕
  • 十分な貯金
  • 十分な収入
  • ワクワクしている状態
  • ワクワクできる仕事
  • 素晴らしい仲間

そういうものが揃ってはじめて、
幸せだ!と言えると思っていないでしょうか。

上に挙げたのは一例ですが、
あなたは自分が幸せと言うためには、
どんな状態になることが必要だと思っているか、
ぜひ考えてみてください。

 

そこで、なんですが、私は人間が幸せを感じるのに必要なのって、

  • 食うこと
  • 寝ること
  • やること

だけじゃないかな?って思います。

つまり、毎日ちゃんと食べるものがあって、
1日7時間は眠れていて、
奥さんとセックスさえできていれば、
十分幸せを感じることができる。

何が言いたいかというと、
贅沢な食事、ありあまる時間、
自分の欲望をすべて満たすもの、
そういうのは必要ないですよと言うことです。

どうでしょうか?

  • あなたは毎日食べるものが用意できそうですか?
  • あなたは毎日1日7時間は睡眠を確保できそうですか?
  • あなたはセックスをするパートナーがいますか?

今の経済状態でも、十分実現できますよね?

まずは、それをやってみるといいですよ。
ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、奥さんといちゃいちゃする。
特に睡眠ですね。とても幸福感に影響があります。

それが毎日きっちり確保できている状態を作ると、
なんだ自分って幸せだったんだ!
って気づけて、イライラは減っていきます。

 

子育て、仕事は続けているだけで十分すごい。

もう1つ大事なのが、
実はあなたが今自然にやっている、
仕事。

仕事を続けているだけでも、
十分にすごいんですよ?

それ以外に何か付け加える必要ありませんよ?
プラスアルファで何か成し遂げる必要ありませんよ?

どんな仕事をしていてもそうですし、
その仕事から得られる給料の額の問題ではありません。

毎日朝から仕事に出かけて、
夜になったら帰ってくる。
それを週7日のうち、5日もやっているわけです。
それって、十分にすごいことですよ?

誰も、「すごいね!」なんて言ってくれないので、
「俺は当たり前のことやってるだけだ」って思ってるかもしれません。

でも、仕事に行くことは「当たり前」ではありません。
ましてや仕事をずっと継続していることは、奇跡です。
ぜひ、自分を毎日褒めてあげてください。

 

育児にしてもそうです。
子どもを育てるのがどれだけ大変か。

なかなか「子育てして偉いわね~」なんて言ってもらえませんが、
子育てしているだけで、偉いです!いばってもいいです。

それだけ子育ては大変なことですから。
子育てを夫婦2人でやってることは、これまた奇跡です。
まったく当たり前じゃありませんよ。

 

仕事もして、育児もして、
あなたは昔の人から比べたらもう出来すぎています。

それ以上何も求められることがないぐらい、
パーフェクトなことなんですよ。

だから、毎日が仕事と育児だけで終わったとしても、
あなたは堂々で胸を張ってください。
それ以上何もする必要はありません。

 

もしあなたが、時間が絶望的に足りない!
って思ってイライラし始めたら、
仕事も育児もやってるし、
これ以上何もやる必要ないわ!と思ってくださいね。

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む