夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 会社でネガティブ発言するとあなたの評価は上がる。もう評価されている。

会社でネガティブ発言するとあなたの評価は上がる。もう評価されている。

2019.3.15


先日書いたこの記事の後日談です。

ネガティブな人に疲れる?職場の同僚/部下/上司とラクに付き合う方法

ネガティブな人に疲れる、ネガティブな人が気になるのは、あなたがポジティブに偏ってるからということをお伝えしました。私自身、それを感じたので、次はネガティブ発言をしました。そこで気づいたことをお伝えします。他人の評価を気にせず生きていくという覚悟、あなたはできていますか?

リーダーが嫌いだから会社を辞めました

先日、研修の続きを受けていました。その昼休み、私、Aさん(私と同じ受講生)、Bさん(研修講師)で会話していました。

会話の中で、「なぜ?私が会社を辞めたのか」とAさんに聞かれました。

私は「リーダーが嫌いだったからです」とストレートに言いました。

すると一瞬、その場の空気が凍って、その話しはすぐに流れました。

私は

  • しまった、言わない方がよかったかな
  • ストレートすぎたかな

と、思いました。特に、研修講師のBさんがいたので、「リーダーが嫌いだから会社を辞める人」と思われるのはよくないと思いました。Aさんは直接の利害者ではありませんが、「あぁ、山田さんってそういう人なんだ」と思われると、「人間関係がうまくいかない人、残念な人なんだ」と思われると嫌だなと思ったんです。

研修講師のBさんに「新卒向けに講師になろうとしている人が、リーダーが嫌いで会社を辞める人」と思われたら、なんとなくまずいんじゃないかと想像して、それから私は元気がなくなってしまいました。

その失言(?)以降、自分が失言してしまったことが気になって、とても疲れてしまいました。家に帰るとぐったりです。

ネガティブな年下の同僚はやっぱり神だった

その研修の帰り道、思ったことは、

やっぱり、ネガティブ発言満載だった年下の彼はすごいな

ということでした。私はちょっとネガティブ発言をしただけで、こんなに気になってしまい、疲れてしまう。(エネルギーを浪費してしまう)

そになのに、私以上にネガティブ発言を繰り返していた彼は、平気、何の罪悪感もエネルギー浪費もない。これって凄いことだと思ったんです。

すべて自分の勝手な想像、マイナスの妄想

よく考えると、私がネガティブな発言をした後、

  • Aさんに○○と思われた
  • Bさんに○○と思われた

と思ったのは、本人がそう言ったわけではありません。私が勝手に、

そう思われたんじゃないか

と想像して、勝手に後悔・反省しているだけです。

一番気になったことは、そう思われることで、「評価が下がるんじゃないか」ということが気になっていました。

さらによく考えると、ここで、

  • 評価が下がったからと言って、報酬額が減るわけではない
  • 評価が上がったからと言って、報酬額が増えるわけでもない

のです。自分の評価とは別に、雇用側の予算で、契約時にもう決まってたわけです。

そして、私は雇用主との面談をへて、契約したわけですから、もう「評価されて」研修を受けていたわけです。

この辺まで考えて、私は次のことを思いました。

自分が自分をどう評価しているか

だけなんだと。

あなたが今の会社にいるということは、あなたはもう会社から「評価された」から、会社にいるということです。あとは自分が自分の評価を下げるか上げるか、自分次第です。

つまり、会社からは「あなたは私の会社にふさわしい人です」と許可してもらったから、会社にいるのです。そこであなたがネガティブ発言をしようとも、その評価は変わりません。

あなたもこんな反省、ありませんか?

  • ◯◯してしまった。
  • ◯◯と言ってしまった。
  • どうしよう、怒られる
  • 評価が下がるのが気になる

と反省し出したら止まらなくて、気になって疲れる。それを挽回しようと必死にとりつくろう。それにも疲れる。そういう人はいませんか?

考えて欲しいのは、あなた自身が自分をどう捉えているか。つまり、セルフイメージ(=自己肯定感)です。

あなたはそんなことで、評価が下がる人なのか?

と聞きたいのです。多分、今はそう考えている。「私はネガティブ発言をすると評価が下がる人」と思ってるのではないでしょうか?

もしそうだとすると、あなた自身がかわいそうです。もう、そのセルフイメージは止めませんか?

あなたが失敗したと感じた、後悔した、その「◯◯」。これからは、

○○したら、評価は上がる!

ことにしましょう。あなたの評価は、上がることはあっても、下がることはない。

もし、その○○をして評価が下がるとしたら、最初から評価されてないです。

安心してください!

  • 上がるときは、何しても上がる。
  • 下がるときは、何しても下がる。

これが真実です。自分が考えていることを、人間は体験していきます。(思考は現実化する)

「自分はもう評価されている。評価は上がる」と考えていればそうなります。「自分はどうせ評価されていない」と考えていれば、何やっても評価されません。

結局、「自分が自分をどう評価しているか?」をそれを職場の人を通じて、自分が体験しているだけなのです。

これからは、

自分はもう評価されている。評価は上がる。

と考えて、ポジティブもネガティブも出していきましょう。

カテゴリー: 男性・夫の心理 ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む