夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 褒めて育てることに弊害なんてない!効果しかない。褒めて褒めて褒めまくろう

褒めて育てることに弊害なんてない!効果しかない。褒めて褒めて褒めまくろう

2019.3.20


以前書いたこの記事「褒めて育てるは間違い?弊害と、子どもの褒め方」で、褒めるポイントをお伝えしました。改めて、褒めることって大事だなって思ったので、どんどん褒めていきましょうという話を繰り返しますね。

褒めると自分が気持ちよくなる

子どもを意識して褒めるようになる、小さいことでもとにかく褒めるようになると、自分自身がとても気持ちいいことに気づきました。

つまり、

相手のためではなく、自分のためになってる

ということです。

相手を褒めることは、自分を褒めることなんです。相手の小さいことを褒めると、自然と自分の小さいことを褒めれるようになるからです。子どもをとにかく褒めて褒めて褒めまくっていると、「そういえば自分もよく頑張ってるよな」という気分になっていることに気づきました。

これ、確実に、

自己肯定感アップ

しています。

何を褒めてるか?例えば子どもに対して、日常でもこんなことが褒められます。

  • 朝起きれたこと
  • 生きてること←重要
  • お着替えできたこと
  • おむつをゴミ箱に捨てたこと
  • 保育園に行けたこと
  • 保育園まで歩けたこと
  • いただきますと言えたこと
  • いっぱい遊んだこと
  • 脱いだ服を表に向けたこと(上の画像)
  • お片付けできたこと

考えれば考えるだけ、褒めることができます。褒める度に、あなた自身の自己肯定感がアップしていくので、どんどん小さいことを褒めていきましょう。

特に、生きてることすら褒めることができたら、もう何でも褒めれますよね。生きてるだけで私は褒められる存在なんだから、究極の自己肯定感と言えますね。

弊害がでるほど、褒めることはできない

前の記事では、褒めることで場合によっては弊害もありますよと書いていました。しかしよくよく考えると、果たして、

弊害がでるほど、褒めてるかな?

と思ったんです。褒めて褒めすぎということはないんじゃないかと。

褒めるのがよくないのかな?と思う人は、一度弊害がでるまで褒めてみるといいですよ。

当たり前ではないことに気づき、感謝

褒めていると、不思議なことに気づきます。

それは、

何ごとも「当たり前」じゃないんだな~

ということです。「当たり前」じゃないということは、めったにないこと=「有り難い」ということ、つまり「感謝」ということです。

褒めまくっていると、感謝の気持ちが自然と湧いてきます。そうすると、奥さんもご機嫌になるようになりました。

奥さんに対しても、

  • ご飯を作ってくれたこと
  • 買い出しに行ってくれたこと
  • 家事をしてくれたこと
  • お湯をはってくれたこと
  • 子どもをお風呂に入れてくれたこと

もっとあるはずです(汗。あなたは、

  • 飯作ってくれて当たり前
  • 子どもをお風呂に入れてくれて当たり前
  • 子どもの歯を磨いてくれて当たり前

なんて思っていませんか?この「当たり前」感覚、本当に嫌な気分にさせられるものです。

あなたがもし会社で、

  • 残業して当たり前
  • 納期に間に合って当たり前
  • 指示を聞いて当たり前

なんて上司が思っていたらどうですか?げんなりしませんか?

奥さんに対しても、

  • 今日もご飯作ってくれてありがとう
  • 家事をしてくれてありがとう
  • 子どもの世話してくれてありがとう

そんな気持ちを伝えるだけで、夫婦はうまくいくものです。感謝を伝えるのが、夫婦円満の最大の秘訣ですよ。

人に感謝できる人が成功するのは容易に想像がつきますよね。感謝されて嫌な気分になる人はいないし、感謝できる人と付き合いたいと思うはずです。

 

いかがでしたか?褒めることは、実は一番自分が得していたという話しでした。めったに人を褒めないと言う人は、自分が一番辛い思いをしているということです。最近しんどい、つまらない、退屈と感じている人は、身近な人を褒めることから始めてください。

身近な人を褒めることができたら、自分を褒めることができます。自分を褒めて褒めて褒めて、楽しい人生にしていきましょう。

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む