夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

虐待をやめる3つのポイント

2022.5.15


ありがたいことに、最近、ご相談をいただけるようになってきました。
トップページで無料相談の募集をしています!)

話を聞いていてつくづく感じるのですが、
虐待をやめるためには、たった1つのことをやり続ければ良いということです。

それは、「今の自分を認める」ということです。
自分自身で、「今の自分を認める」ということをやるだけで、
虐待しなくなります。

ただ、それが難しいと思うので、
この記事では「今の自分を認める」ためのポイントをお伝えします。

ポイント まずは自分が認める

自分が自分を認めるために、
「どうせ私は素晴らしい」
「どうせ私は価値がある」
「どうせ私は愛されている」
「どうせ私は認められている」
ということをひたすら唱えてください。

唱えたときに、「そうじゃない!」「そんなわけない!」「嘘だ!」という反論が、
脳内に巻き起こります。
そこを乗り越えていきましょう。
「そうじゃない!」が聴こえなくなるまで、
唱え続ける必要があります。

そして、理解して欲しいことは、
・親に叩かれても
・親に認められなくても
・親に否定されても
・親に無視されても
「私は素晴らしいんだ」ということを知ってください。
それが幸せに・平穏に生きてる人の常識なんです。

最近、虐待を受けていたというママから相談があったのですが、
どうしても、
「親から言って欲しい(言って欲しかった)」
ようなんです。

ですが、親に期待しても、その親はそういうことを言わない親なんで、
残念ながら言ってくれないんです。
そういうことを言う人ではないんです。

私がお伝えしたいのは、自分が自分を認めましょう・褒めましょう。
ということなんです。

というのも、「親から言って欲しい」と思ってる人が、
実際に親から言われても、そういう実感が持てないからなんです。

親から言われたら満足するはずなのに、
次はパートナーからも言われたい、
パートナーから言われたら、
次は○○から言われたい。
というループになっていくんです。
そのループにいる以上、自分を認められないという沼から抜け出せないんです。

じゃあ、どうすれば良いかというと、自分で自分を認めるなんです。
自分が自分を認めてないから、
誰かから言われた言葉を素直に受け取ることができません。
嘘くさく感じてしまうんです。

自分が自分を認めていたら、
素直に受け取れるし、直接的に承認されなくても、
「私って愛されてるな」って感じることができるんです。
そうなりましょう!
ということです。

誰かから褒められた、認められた→自分を認められるようになる ではありません。
自分が自分を認めた→周りの人が認めてくれてることに気づけた です。

ポイント 自分を認めるのに根拠・理由はいらない

次のポイントです。
自分で自分を認めていないということは、
簡単にいうと自分のことをダメな人間・価値のない人間と思っています。
 
なので、
「どうせ私は素晴らしい」
「どうせ私は価値がある」
「どうせ私は愛されている」
「どうせ私は認められている」
と唱えても、その度に脳内で反論が聴こえてきて、
余計辛くなるかもしれません。
 
反論が聴こえたら、
なんでそう思ってるか(自分ダメ)考えてみてください。
 
すると、
・だって親からそう言われたし
・だって人の役に立ってないし
・だって親から怒られてばっかりだし
・だって愛されてないし
・だってうまくできてないし
・だって○○が足りないし
などなど、いろんな理由が出てくると思います。
 
そこで知って欲しいのが、
自分を素晴らしいと思うことに理由・根拠はいらない。
ということです。
 
・○○ができた・できるようになったから
・○○と言われた・褒められたから
・○○が▲▲だから
自分は素晴らしい のではありません。
 
そういう理由とか実績とかできるできない関係なく、
生きてるだけで「私は素晴らしい」ということにするのです。
 
親からダメと言われたから、なぜ自分はダメなのでしょうか?
100人に聞いて100人がそう言ったのならまだしも、
たった1人か2人、親がそう言っただけです。
 
自分の価値を、親・パートナー・子ども含む他人の言葉で測らないでください。
自分の価値を決めるのは自分です。
 
自分が今の自分を素晴らしいと考えれば、
周りの人もあなたのことを素晴らしい・価値のある人間だと考えてくれるようになります。

自分のことを自分で良いと思ってない人を、
他の人が良いと思ってくれることはありません。

ポイント それでも親に認められたいと思ったら

私の言う通り、来る日も来る日も、
「どうせ私は素晴らしい」
「どうせ私は価値がある」
「どうせ私は愛されている」
「どうせ私は認められている」
と唱えたのに、
・親は変わらない
・親が認めてくれない
・○○がひどいこと言う
という人がいるかもしれません。
 
そういう時は
・親が認めてなくても
・親に言われなくても
・○○が▲▲と言っても
私は素晴らしい!
脳内で言い返してください。
 
実際に対面している時に、ひどいこと言われたとします。
そのときに、
「あー、○○と言われてる、でも私は素晴らしいんだ♪」
と、私は素晴らしいという場に踏みとどまってください。
相手の言葉・行動を華麗にスルーしてやるのです。
 
自己肯定感が低い状態では、なかなかその華麗にスルーができません。
言われたことを額面通り受け取って、
人から言われたこと=自分の価値だと思ってしまうからです。
 
先ほどお伝えした通り、
自分の価値を決めるのは自分です。
誰かの言葉によって決まるのではありません。
 
誰かに悲しいこと・嫌なこと・腹立つことを言われても、
そこで頑張って踏みとどまって、
「この人はこう言ってるけど、もう私は自分のことは自分で決めるんだ」って考えてください。
 
言い返す必要もありません。
「この人はそう思うんだー(でも私素晴らしいし)」というだけの話です。
それができるようになったら、もう攻略完了です。
 
それができるようになったら、
その嫌な人は役目を終えて、
あなたの視界から消えるか、
あなたが視界から消すか。
変わっていきます。
 
逆に相手の言葉に反応して、
・自分で自分を下げ続けている
・自分で自分を責め続けている
・自分で自分に否定・批判し続けている
限り、
相手の言動が変わることはありません。
 
あなたが相手の言葉に反応せず、
「自分は素晴らしい」としっかり決められた時に、
相手の言動が変わっていくのです。
 
そうすると、周りが嫌なことだらけだったのが、
世界が一変して、平穏な世界になっていきます。
 
 
今の自分を自分で認めないと、
永遠と今の状況は続きます。
 
その度に、
違うこと試したり、
違うカウンセラーに相談したり、
違う何かを求めるでしょう。
 
そろそろ、それをやめませんか?
今の自分を自分で認める。
それだけでいいんです!!!!!!!!!
 
 
この記事を読んで、
余計に絶望した。または腹立った。
という人は、私に相談してください。
あなたに価値があるというのがどういうことか、直接話します。
 
P.S.潮干狩りに行ってきました。アサリ撒いてくれてるのでめちゃくちゃ採れます♪
 

 

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想を...

    6/1に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。   山田さんこの度は、私の話をじっくりと聴いて...

    詳しく読む
  • 虐待をやめる3つのポイント

    ありがたいことに、最近、ご相談をいただけるようになってきました。(トップページで無料相談の募集をしています!) 話を聞...

    詳しく読む
  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想を...

    4/28に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。 幼少の頃より父親の暴力、暴力を知っているの...

    詳しく読む
  • 虐待をやめたいなら・・・

    昨日は久しぶりに虐待をやめたい人の相談に乗っていました。そこで改めて思ったのですが、虐待は虐待が問題じゃないということ...

    詳しく読む
  • 子供を叩いてしまう人の無料カウンセリングの感想を...

    4/12に実施した無料相談の感想をいただいたので、全文掲載します。 カウンセリングやコーチングを学び、子供が出来...

    詳しく読む