夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 虐待されてた人いませんか?早く山田に相談してください。

虐待されてた人いませんか?早く山田に相談してください。

2019.10.16


こんにちは、山田孝典です。

最近セックスレスばっかり書いてたけど、
虐待関係の相談があったから久々に虐待のこと書くで。

まずね、あまりにもストレートすぎるねんけど、

あなた子どもの頃虐待されてた?
もしそれやったら早く山田に相談して!!!!
楽にしてあげるから!!!!!!!!!!!

虐待されてたことを抱え続けて生きるということ

「虐待されていました」という問い合わせが増えてます

このブログね、元々は「虐待してしまうパパ向け」やねん。
なんでかっていうと自分が虐待してたから。

で、山田は虐待されてなかった。
中流のサラリーマン×専業主婦という親の元で育った。
そんな山田でも子どもを虐待してしまった。
同じことで悩んでるパパ(山田と同性)おるんちゃうか。
そういう人を救うようなことやろう。
と思ってこのHPとブログははじまったわけです。

でも最近ありがたいことに、虐待関連のキーワードで検索してきてくれる人が増えて、
山田が当初想定していた子どもを叩いてしまうパパ以外、
特にママ、もしくはこれからママになる人も見てくれてることがわかってきた。

それで、けっこうそういう「ママ」からの相談があるわけです。
最初は「パパ」だけターゲットにしとったんやけど、
全然ママもウェルカムやし、パパだけに限定する理由もないから、
お問い合わせしてくれた人とメールとかやっててんな。

そしたらやっぱり身の上話しをしてくれるわけよ。
そんで最近多いのが、「自分が虐待された」っていう人。

山田が虐待しとった立場やから、
虐待された人から相談来るっていうのがめっちゃ意外やってん。

でも話し聞いてたら、聞いてるだけで悲しい、泣きそうになるし、
山田の習った心屋リセットカウンセリングで全然なんとかなるから、
楽にしてあげたいと思ってる。

虐待されてたって、相当つらいことよ?

んでね、虐待された人に向けた話しなんやけど、
虐待されたってことは、相当つらいことやんか?
(山田がいうまでもないんけど。)

それ、ちゃんと癒えてる?
その、虐待されてつらい目にあってた、怖かった、悲しかった、
っていうの、ちゃんと自分の中で消化できてる?

それ、未消化のまま生きていくの無理やで。
んで、多分、未消化のまま生きていくの無理やから、
ないものにして生きてない?

ないものにして、どっかに押し込めて生きてない?
それが育児とかパートナーシップとか仕事で邪魔になってない?

そういうの、人生のあらゆるところで顔出してくるで。
すぐに何とかしてもらった方がええよ。

「食事がうまくできません!」という例え

虐待されてたときに感じてた怖さや悲しさ辛みを未消化のまま生きていくのは、
例えていうならこういうこと。

近所の病院でこんな会話あったらどう思いますか?

「先生、最近ご飯うまく食べれません」

『そうですか、うまく食べれないってどんな感じなの?』

「何か喉が痛いんです」

『そうですか、じゃあちょっと喉見てみましょうか?
ちょっと口開けてみてくれる-。』

「あー」

『ああ、こんなとこ骨刺さっててますよ?』

「え?私の喉に骨刺さってるんですか?」

『はい、刺さってますね。気づきませんでした?』

「うーん・・・そういえば何食べようとしても喉がちくちくする感じはしますね」

『どうしますか?』

「とってください」

『わかりました。ちょっとチクッとするから我慢してね』

(骨取り除く)

「イタっ」

『とれたとれた。こんな大きい骨刺さってるよ-?』

「あー・・・そういえばこれ・・・」

『食べた覚えある?』

「ちっちゃいときに食べた鯛のやつかも」

『ちっちゃいとき?こんなん刺さったままだと痛くて食べられないはずですよ』

「いやー・・・、お母さんに痛いから抜いてって言えなくて・・・」

『えー』

「痛いの我慢してずっと食べ続けてました」

『それは大変でしたねー』

「辛かったです」

『ちょっと血出てるんで、消毒しときますね』

「あっ、なんかスッキリした感じします!」

『でももう骨は抜けたんで大丈夫です。ほら、このゼリー食べてご覧』

「あっほんとだ!痛くない!なんか自由になった気がするー!!!」

山田のカウンセリングで針を抜いてもらおう

心理カウンセラー

で、手前味噌だけど心理カウンセラーのとこ行ったら、
魚の骨抜いてもられます。(もらえるはず)

骨刺さったままやと、何食べても痛い、おいしわけがない。
現実でいうと育児も夫婦も仕事も人間関係もうまくいかない。

喉の中を見て、針をとってくれるのが心理カウンセラーです。
日本の全心理カウンセラーを知ってるわけちゃうけど、
ちゃんとした人なら針抜いてくれるはず。

ちょっと痛い

上の先生の会話の例で、赤太字だったとこあるやん?

『わかりました。ちょっとチクッとするから我慢してね』

今までないものにしていたことを見る必要があるから、
ちょっとチクっとはします。
が、大丈夫です。
そんなに痛くはないので。

山田に相談してくれた人の感想

山田は針を抜いた後の消毒やるから、
(うまくいけば)スッキリするよ。

とある女性の相談者さんがうまく表現してくれました。

1つになった感じがした。
押し込められたいたのが、
広がった感じがする。
枠がなくなった感じ。

胸の上に塊があって、とれなかった。
圧迫しなくなった。

すごい固まってたのが動き始めて、
ざわざわざわざわーーーー
って外に出ていく感じ。

それで枠がなくなった。
ありがとうございます。

その塊を、あなたは抱えたまま生きていきますか?
私からすると、相当生きづらいと思いますよ。
(辛いのはもちろんわかりますが)

早く相談してきて

もし骨の除去を希望であればお問い合わせに「相談希望」と、
・電話/ZOOM/Skypeのどれで話すか
・可能な曜日と時間帯
を書いて送信してください。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む