夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 自分の性格を直したい。いつも他人と自分を比較してしまう男性

自分の性格を直したい。いつも他人と自分を比較してしまう男性

2019.3.1


他人と比較している自分に気づいた

「今は問題とは感じていないけど、自分の性格のことで相談があります」という男性に会いました。

自分の性格の何が嫌なのかを聞くと、「子どもの頃から、常に自分と相手を比較してしまうんです。常に自分の優れているとこを探してしまう」とのことでした。

なんとなく硬直して、何かを感がているような表情でした。

子どもの頃から、

  • 俺ってすごいんだ
  • 俺って偉いんだ
  • 俺って優れているんだ

そんな風に思っていたようです。「自分を卑下する性格が嫌だ」と悩む人もいるので、どっちかに偏っているのはやはり不快なことなんですね。

私は「実際にそれで何か問題が起きているんですか?職場の人間関係がうまくいかなかったり、夫婦がうまくいかない、とかありますか?」と聞きました。

すると、

  • 親からよく「あんたは自分を偉いと思ってるやろ」と指摘された。
  • 常に相手のあら探しをしてしまう。
  • 相手から「俺のことバカにしてる?」と指摘されそうで嫌だ。

とのことでした。今は人間関係に大きな問題は出ていないけど、本人がその性格を嫌だと思っているようでした。

「人をバカにするのって、悪いことですよね?」と聞かれたのですが、私は「人をバカにすること自体には、良いも悪いもないです」と答えました。自分が悪いと思ってしまえば悪いし、それを何ら気にせず生きている人もいるからです。

親から褒められて育った

「いつ頃から、自分と相手を比較するようになった、自分を偉いと思うようになったんですか?」と聞いてみると、こんなことを思い出してくれました。

両親からは、とにかく褒められて育ったそうで、そのうち、

  • 俺ってすごいんじゃないの
  • 俺って偉いんだ
  • 俺って何でもできて当然だ

そんな風に思うようになったそうです。私は話を聞いていて、「俺って何でもできて当然だ」というセルフイメージをもっていることが引っかかりました。

「自分はすごい」と思うなら健全だと思うのですが、「何でもできて当然」というのは、そんな完璧な人いないと思ったからです。

そこが引っかかったことを伝えると、「自分はできて当然、相手より優れているということをいつも気にしているので、正直しんどいです」とのことでした。

ダメな自分も認めてあげる

その話を聞いて、次のことを声に出してもらいました。

  • 俺ってダメだな~
  • 俺ってできてないな~
  • あ~また失敗したな~
  • 恥ずかしいな~
  • ダメでもいいや
  • できなくてもいい

これを言ってもらったのは、この男性が「ダメ人間」と思ったからではありません。自分が「できて当然」と「できる」方に偏ってると感じたので、それをリセットするためです。

すべてのものには表と裏、陰と陽、プラスとマイナスがあります。人間もそうです。「できること」だけでできてるわけではありません。「できないこと」「失敗すること」もあって当然です。

しかし、この男性は幼少期に「できないこと」「失敗すること」を切り捨てたのではないかと感じたので、この言葉でそれを取り戻して欲しかったのです。

言ってもらった後、彼は「うーん・・・。何回かもう言ったことがあるし、頭では分かってるんだけどな・・・」といまいちピンとこない表情をしていました。

私は内心、「できない自分」を認めていかない限り、その性格は直らないよと思ったのですが、少し雑談をしていると、さらに話してくれたことがヒントになりました。

思いっきり褒めてあげて、安心を手に入れる

それは、彼は3人兄弟の長男ということです。

そして、

  • 私が一番
  • 私を特別視して欲しい
  • 私は一番大事にして欲しい

と思っていたということです。もし本当に「自分が一番、自分は特別」と思っていたら、人と比較する必要はないはずです。でももしかして、本当は「自分が一番」という自信がないのかな?と推測しました。

そこで、母から子どもの頃の自分に声をかけるようなイメージで、次の言葉を言ってもらいました。

  • あなたが一番よ
  • あなたは特別なんだから
  • あなたが一番大事に決まってるじゃない
  • 愛してるよ
  • 大好きだよ
  • あなたが一番だから、他の子に優しくしてあげてね

と。たっぷり、母親から認めてもらうイメージを作ってもらったのです。

すると男性はすぐに笑顔になりました。その笑顔が印象的だったのですが、「安心」しているような表情だったんです。

男性は「それ、言ってもらいたかったことです」とのことでした。

この男性、関西出身の人(私も関西人です)だったのですが、相談が終わる頃には関西的なおもしろい発言も出たりして、「あぁ、安心したんだな」と感じました。

安心したから、本来の自分が出てきていると感じました。最初は硬い人に見えていたけど、とてもおもしろく気さくな人でした。その感じで人に接したら、絶対に誰からも愛されるだろうなと思いました。

カテゴリー: ブログ 実績


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む