夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 自分でできる虐待をやめるための心理カウンセリング法

自分でできる虐待をやめるための心理カウンセリング法

2019.6.15


おはようございます。
虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。

ようやく土日ですね。
私は今、仕事自体は楽ですが、
楽な仕事でも5日働くと疲れますよね。
本当に週3日労働制なら、どれだけ楽しく働けるのか・・・
とよく思います。

あなたは思ったことありませんか?笑

 

さて、今日の記事では、前々回お話しした、
虐待のカウンセリングの前に!今の状況が簡単に改善するかもしれないある視点とは?
の続きをお伝えします。

前々回の記事の内容は、
今、自分が感じている嫌な状況、
あなたの場合は「子どもを叩いてしまう」ということですよね?
「子どもを叩いてしまう」ことに、
実はメリットがあるんじゃないですか?
そのメリットに気づけると、
子どもを叩くのをやめることができますよ。
という話しをしました。

「子どもを叩くのをやめる」ことで生じるデメリット

今日お伝えしたいことは、
その裏側、反対側も見てみましょうということです。

裏側は何かというと、
「子どもを叩くのをやめる」ことで生じるデメリット
のことです。

まあ、ほぼメリットが得られないことがデメリットになるのですが、
もしメリットに対して何も思い浮かばないようであれば、
視点を変えて反対側から見てましょうということです。

まず、この質問を考えてください。

あなたが今の状況で、虐待さえやめれたら幸せですか?

あなたは今、子どもを叩いてしまうことに対して、
罪悪感を感じていて、
よくないことだと思っているはずです。

だから、私のブログを読んでくれているんですよね。
つまり、あなたは子どもを叩くのをやめたいと思っている。

じゃあ、あなたは子どもを叩くのをやめる、
叩く以外にも虐待だと思っていることをやめれたとしましょう。

もう、安心ですよね。
子どもにひどいことをしなくてよくなったわけですから。
安心するはずです。

じゃあ、どうですか?
子どもさえ叩くのをやめられたら幸せと言えますか?

・・・

・・・

・・・

どうでしょう?

確かに、子どもを叩くのをやめれたので、
その点について、安心ではあると思うんです。
よかった、もう叩かなくてすむ。と。

でも、あなたはもしかして、
子どもを叩くのをやめたら、
「また○○な生活に戻るのか・・・」
なんて思ったりしませんか?

私だったらこう思っていました。

  • また退屈な日々に戻るのか・・・
  • また何も変わらない意味のない生活に戻るのか・・・
  • また妻と一緒に暮らさないといけないのか・・・

そんな風に思っていました。

簡単にいうと、今の生活、
今の生活の延長である人生に、
不満を感じていたんです。

あなたもなんとなくそんな節はありませんか?

  • 夫婦関係
  • 仕事のこと
  • 人生のこと

その辺、変えたいと思っていたのではないでしょうか?

もしそう思っていたとしたら・・・
虐待して、バレて、別居できたら・・・

  • うまくいけば離婚できるかもしれない
  • ビジネスをするための時間が手に入る

わけじゃないですか?かなり大きなメリットですよね。

虐待をここでやめてしまったら・・・

退屈で飽き飽き、つまらない生活に元通り

なわけじゃないですか?最悪ですよね、絶対に戻りたくないはずです。
それが、虐待をやめることのデメリットです。

 

いかがでしょうか?
あなたは虐待をやめることのデメリットが見つかりましたか?

 

虐待をやりはじめた前に、あなたが実は思っていたことを、
ぜひ正直に思い出してみてください。

虐待だけやめても全く意味がない

私はいつも、虐待だけやめても全く意味がないですよと伝えています。

なぜなら、虐待だけやめても、
もし上であげたような、自分の人生に対する慢性的な不満がある限り、
また別の形で大きな問題が出てくるからです。

あなたは、虐待をやめられたら幸せと言えますか?
虐待をする前の状況に戻りたいと本当に思いますか?

なので、目指すべきは「虐待をやめること」ではなくて、
自分の人生に対する慢性的な不満
という状況を解消することだと考えています。

その不満を解消する過程で、
子どもを叩きたくなる衝動は自然と消えていきました。

そのための方法は、メルマガやセミナーなんかで詳しくお伝えしています。

 

今日もこのブログを読んでいただき、ありがとうございます!

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む