夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

自分が「自分らしく生きれない」たった1つの理由

2019.2.20


「自分らしく生きれない」たった1つの理由

親を気にしているから

自分らしく生きれない理由は簡単で、「大人になっても『親』を気にしている」からです。

  • 親のを気にして、やりたいことができない
  • 親が怒るから、やりたいことができない
  • 親に迷惑かける気がして、やりたいことができない
  • 親を悲しませたくないから、やりたいことはしない
  • 親が反対するから、やりたいことができない

子どもの頃のこんな思い癖を、今もひきづっているのです。

そして、「やりたいこと」があっても、「親」を気にして出来ないから、

  • もう、やりたいことなんてない方がいいや
  • これは無かったことにしよう
  • 私がやりたいことやると大変だから

と言って、やりたいことを無いものにしてしまうのです。

その結果、「やりたいことがわからない」「生きづらい」「自分らしく生きれない」という状態になってしまうのです。

愛があるから

なんです、これ。

  • 親を心配させたくない
  • 親を安心させたい
  • 親に喜んで欲しい

という、子どもながらの親への愛があるから、「やりたいこと」をやらないという決断をするのです。

なので、

  • 優しい
  • 親思い
  • 優等生

な人ほど、「自分らしく生きれない」「やりたいことがわからない」という状態になっちゃいます。

自分らしく生きるための第一歩

親を気にせずやりたいことをやる

それで、じゃあどうやったら自分らしく生きれるかと言うと、これも簡単で、親を気にしないこと意外ありません。

  • 親のを気にせず、やりたいことをやる
  • 親が怒られても、やりたいことをやる
  • 親に迷惑かけても、やりたいことをやる
  • 親を悲しませても、やりたいことをやる
  • 親が反対されても、やりたいことをやる

本当にこれしかありません。あなたはもしかして、他にもいろんなブログや心理系セミナーに行ったかもしれませんが、最終的にはこれしかありません。最後はこれを乗り越えてる必要が出てきます。

親が怒るのは最初だけ

確かに、親は親の世代の常識や価値観があります。それに反することをすれば、あなたが想像するように怒られたり、悲しませたり、反対されたりします。

でも、それも最初の1発目だけなんです、意外と。実際にやり始めてしまえば、親も諦めます。親からの1発目の反対を受けて、あなたがやりたいことをやめてしまうから、永遠に自分らしく生きられないんです。

妻が怒るのも最初だけ

男性の場合は、母親への思いが、結婚すると妻に投影される傾向があります。結婚する前は親に対して遠慮していたのが、結婚した後は妻に対する遠慮になっていくのです。

つまり、

  • 妻のを気にして、やりたいことができない
  • 妻が怒るから、やりたいことができない
  • 妻に迷惑かける気がして、やりたいことができない
  • 妻を悲しませたくないから、やりたいことはしない
  • 妻が反対するから、やりたいことができない

こういう状態になっていきます。なので、自分らしく生きるのも同じく、

  • 妻のを気にせず、やりたいことをやる
  • 妻が怒られても、やりたいことをやる
  • 妻に迷惑かけても、やりたいことをやる
  • 妻を悲しませても、やりたいことをやる
  • 妻が反対されても、やりたいことをやる

という必要が出てきます。

ここでもやっぱり、妻が反対するのは最初の1発目だけなんです。実際にやり始めてしまえば、妻も諦めます。妻からの1発目の反対を受けて、あなたがやりたいことをやめてしまうから、永遠に自分らしく生きられないんです。

必要なのは勇気だけ

ここまで読んでいただいて分かると思うのですが、「自分らしく生きる」ためにもっとも必要なのは「勇気」なんです。

今までは「親のいう事を聞いていれば守られていた」という状態から、「守られていないけど、自分らしく生きる可能性」に飛び出していくことになるからです。

もし自分のやりたことが「起業」という道を通るのであれば、会社を辞めることになりますよね。「会社の言うことを聞いていれば守ってもらえた」という状態から、「会社を辞める=守られていないけど、自分らしく生きる可能性」という野生の道を歩き始めることになるからです。

もしあなたが、自分らしく生きられないと悩んでいるなら、早く親を悲しませてあげてください(笑



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む