夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 罪悪感の正体は?罪悪感を植え付ける人/あなたに植え付けた人

罪悪感の正体は?罪悪感を植え付ける人/あなたに植え付けた人

2019.2.21


罪悪感の正体は、ほぼ「おかん」

「悪い」という判断基準

罪悪感とは

  • 自分が悪いことをした
  • 自分は悪い人間だ

という思いですね。

罪悪感を感じる場面としては、

  • 誰かに悲しい思いをさせた
  • 誰かを傷つけた
  • 法律に反することをした
  • 倫理的に許されないことをした
  • 生き物を殺した
  • ミスをした、失敗した

このような場面があります。こういうことをした時に、「私、悪いことしてしまった」という罪悪感に苛まれることになります。

その「悪い」という「判断基準がどこから来たか?」「それ、誰情報?」を考えると、あなたの罪悪感の正体が見えてきます。

「おかんが言っていた」からがほとんど

心理学では、人間が生きていく上での考え方、価値観は幼少期に作られると言われています。幼少期、それも10歳までには作られるそうです。幼少期に一番関わりが深いのは、「母親」つまり「おかん」ですね。法律や倫理、社会常識みたいなものも、「おかん」を通してやってくるものです。

ここで、母親から言われた言葉を思い出してみてください。

  • ○○したらあかんよ
  • ○○したら罰(バチ)あたるよ

と言われたことはないでしょうか?

例えば…

  • 友達が傷つくこと言ったらあかんよ
  • 人をたたいたらあかんよ
  • もの盗んだらあかんよ/万引きしたらあかんよ
  • 無駄遣いしたらあかんよ

こういうのは、だいたいの人は言われたのではないでしょうか?

「○○したらあかん」と直接言われていなくても、

  • おかんを怒らせた
  • おかんを悲しませた
  • おかんに反対された
  • おかんが嫌な顔した
  • おかんの期待を裏切った

ということから、あなたは判断基準を知っていくことになります。

「おかんが悪い」ではありません

ここで気をつけて欲しいのですが、「そんなことを教えてきたおかんが悪い」と言ってるのではありません。

おかんがそういう価値観、考え方、善悪の基準をもっていたから、それに基づいて、あなたは判断しているんですよ。と言ってるだけです。

みんなそれぞれの価値観があるというだけのことです。

「おかんの教え」に反した時に、罪悪感を感じる

「人をたたいたらあかんよ」とおかんに言われた人は、人をたたいたときにどう思うでしょうか?

  • あっ、おかんにやったらあかんと言われたこをやってもた…
  • まずいな…この事実は隠しておこう

なんて思うはずです。これが、罪悪感の正体=おかんの教えに反することです。

他にもある、罪悪感の種をまいてくる人

  • 学校の先生
  • メディア(テレビ)

こういうものも、判断基準を植えつけてくる人です。

しかし、もしあなたの両親(特におかん)が、

  • 学校の先生の言うことなんか聞かんでええよ
  • テレビを見せない家

だとしたら、あなたは学校の先生やテレビから、判断基準を獲得することはなかったでしょう。

なので、結論としては「おかんの教え」に反したときに、罪悪感を感じることになります。これが、罪悪感の正体です。

同じことをして、罪悪感を感じない人もいる

人を悲しませる人

よく考えて欲しいのですが、「ひどいことを言って、人を悲しませた」という事実に対して、2種類の反応があります。

  • 罪悪感を感じる人
  • 罪悪感を感じない人。ケロっとしている人。

同じことをしても、感じる人と感じない人がいます。

もうお分かりだと思いますが、その人のおかんがどう教えていたかによります。「人を傷つけるようなことを言ってはいけない」と言われたら、罪悪感を感じる人になります。特に何も言われてなかったり、「人を傷つけることもあるよ」と言われたりしていれば、それほど罪悪感を感じることはないでしょう。

「罪悪感をすべて消そう」ではありません

どちらがいいか悪いかということではありませんが、あなたがおかんから多大なる影響を受けているということは、知っておくと良いです。

特に、もし今あなたが

  • 自分らしく生きられない
  • 生きづらさを感じている

のであれば、おかんから影響を受けまくっている可能性大です。頭の中におかんが住みついている状態です。

そういうときは、「おかんの言いつけを破る」方を選んで行動していくと良いですよ。

特に困っていること、悩んでいることがないなら、「おかんの教え」を守っていけばいいですね。

逆に、

  • 今うまくいかないことがある
  • もっとラクに生きたい

なら、いったん「おかんの教え」に反してでも、「おかんを悲しませて」でも、自分がやりたいと思ったように、自分の気持ちに素直な方で、動いてみると良いですよ。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは? New

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー... New

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした... New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決 New

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む