夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 怒られるか心配して不安になる。それはあなたの前提に気づくサイン

怒られるか心配して不安になる。それはあなたの前提に気づくサイン

2019.3.27


私、人に会うとき、特に上司とか講師とかの立場の人と接するとき、「怒られないか?」って心配でした。会う時が近づいてくると、「俺なんかしたっけ?」って自分の行いの中で何か怒られることがないか探して、憂鬱な気分になっていました。そんな状態から抜け出すための記事です。

怒られるんじゃないか?という不安

今私は心理カウンセラーとして活動しています。

私が心理カウンセリングを教えてもらった心屋塾って、認定講師というポジションの先生がたくさんいるんですね。それで、今度久しぶりに認定講師のワークショップを受けることにしたんです。私の奥さんも受けたことがある講師の人で、会ったこともある人で、話しやすい楽しい人なんです。

でも、いざそのワークショップの日が近づいてくると、だんだん嫌な気持ちになってきたんです。

どんな嫌な気持ちかっていうと、

 怒られるんじゃないか?
批判されるんじゃないか?

という不安な気持ちです。

この講師に限らず、他の認定講師に会うときもそうなんですが、なんとなくそういうポジションが上の人に会うとき、私はいつも、

怒られるんじゃないか?

って心配してしまうんですよね。心配して、胃がキリキリするんですよ。

あなたももし、職場の上司やポジションが上の人に会うときに、「怒られるんじゃないか?」が気になるとき、次のことを考えてみてください。

権威の象徴=父親との思い出がヒント

父親

なぜ父親について話すかというと、心理学では「父親」が権威の象徴であるとされています。上司や講師も、権威のあるポジションです。なので、上司や講師に会うときに怒られる気がするというのは、大元を辿ると、父親に怒られている気がしていることが多いのです。

ということで、父親について思い出してみてください。

  • あなたは父親に褒められる方でしたか?
  • 怒られる・叱られる方でしたか?
  • どんなときに怒られていましたか?
  • どんな風に怒られていましたか?

私は褒められたことも、怒られたことも当然あります。

ですが、記憶に残っていて、よく覚えているのが、「お風呂入ろう」と父親に言われたとき、何か怒られていたな・・・。です。

父親に「お風呂に入ろう」と言われたとき、一対一で怒られていたんです。いえ、もちろん怒られずに、ただ何気ない会話をしていたときが大半だったと思いますよ。でも、なんか強い記憶としては、そのお風呂で説教されているシーンを思い出すんです。

ここで言いたいことは、

呼び出される=怒られる

になってるということ。(私がね)

今回、講師のワークショップは呼び出しではないですが、なんとなくその記憶と結びついて、上のポジションの人と会うとき、怒られちゃう気がするんですよね。

学校の先生

学校の先生から「ちょっと山田、後で職員室来てくれるか」って言うとき、だいたい怒られますよね?笑

業務連絡だけのときもありますけど、個別に呼び出すのは怒られるときです。

先生という上のポジションの人に会うときって、だいたい怒られる。そんなイメージを私は持っていることに気づきました。

「怒られる」という思い癖は、思い出し辛い

 権威のある人(上司や講師)に会う=怒られる

という思いは、幼少期の父親との記憶から作られていることが多いです。

 

「権威のある人(上司や講師)に会う」から「会う」をとってもいいです。

権威のある人には、怒られる。

そう私は思ってるんです。

 

ただしこれは、「おとんが風呂に呼び出して、 一対一で叱られる」シーンを思い出しているだけ。

あの名シーンをもう一度

みたいな感じです。そうなるんじゃないかと想像して、辛い。つまり、思い出し辛いなんです。

あなたも思い当たる節はありませんか?このパターンになってると自分で思えた人は。抜け出せるときが近づいています。

「怒られる」という思い癖がある人の思考

権威のある人には怒られるという思い癖、思考のパターンを持っている人は、「何かで怒られる」って潜在意識では思っているわけです。

そう思っているとまず、 「俺なんかしたっけ?」 という思考スイッチが入ります。

すると、「そういえば…」と勝手に自分の行いの中で、怒られそうなこと探しが始まります。

 

これ、 セルフイメージ(自分の前提)が、

私は怒られる人

と思っているということです。怒られすぎたか、怒られたときの記憶が強すぎて、私は怒られる人というセルフイメージがついてるんです。

 

ここまで気づけたら、もう、半分は抜け出せたようなもんです。

「私は怒られる人というセルフイメージなんだな」って自分で気づけたら、そのネガティブなセルフイメージを客観視できたわけですから、後はそれをひっくり返す言葉を言うだけです。

私は褒められる人です!

私は怒られる人だというセルフイメージがあることに気づいたら、こう叫んでみましょう。

  • 私は褒められる人です!
  • 私は喜ばれる人です!
  • 私は認められています!

と、すると、セルフイメージが変わっていきます。

 

すると不思議なことに、今まで、「◯◯を怒られるやろな… 」って思って心配していたことが、

なんと!その◯◯を褒められるようになります。

 

なぜかというと、セルフイメージが「私は怒られる人」になってると、

怒られないと具合が悪い

わけです。セルフイメージと現実が一致しないので、なんとかあなたは怒られようとして、怒られるようなことを言ったり、やっちゃったりするんです。

 

一方、セルフイメージが「褒められる人」になっていると、

褒められないと具合が悪い

わけです。なので、あなたは怒られるようなことを言ったり、やっちゃったりすることが自然となくなります。そして、普通にやってるだけで勝手に褒められるんです。

 

素敵な世界があなたを待っているということですね!

自分のセルフイメージを知って、ひっくり返したい!という人は、ぜひオープンカウンセリングや私のセミナーに来てくださいね。

あなたに会えることを楽しみにしています。

 

<<心屋塾オープンカウンセリングのお知らせ>>

今日のお気持ち金制オープンカウンセリングの告知ページはこちらです。

【告知】2019/3/27(水) 心屋塾オープンカウンセリングに登板します!

残席まだあります!当日のドタ参も大歓迎です♪



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む