夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 子育てで自分の時間、好きなことをやる時間がないというパパへ

子育てで自分の時間、好きなことをやる時間がないというパパへ

2019.6.24


おはようございます。
虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。

子育てで時間がないと感じていた私

あなたは子どもが生まれてから、

  • 自分の好きなことをやる時間がない
  • 自分がやりたいことをやる時間がない
  • 子どもはかわいいけど、自分の時間も欲しい

なんて思ったことありませんか?

私はありました。
私はもう、そればっかり思っていました。

とにかく、

  • 時間さえあれば何とかなるのに
  • 子育てに妻との会話に家族サービスばっかり
  • いったい、いつ自分の時間が持てるのか?
  • スキルアップもしたい、副業もしたい、ゆっくり休みたい・・・
  • 妻に遊びに行ってもいいと言っても、遊びに行ってくれない
  • 妻も遊びに行ってくれれば、自分も気軽に遊びにいけるのに・・・

要約すると、とにかく時間がない!時間が欲しい!
時間が圧倒的に足りない!!
時間が絶望的に足りない!!!

でした。

時間がないと感じて、子どもを粗末に扱う

そんな時間がないと感じていた私ですから、
正直、子どもは邪魔者でしたよ。
子どもだけじゃなくて、奥さん、つまり家族は邪魔な存在でした。
自分の時間を奪う存在になっていましたからね。

望んで結婚した奥さん、
望んでもうけた子どもなのに、
いつの間にか邪魔な存在に。
本末転倒ですよね。

自分がやりたいような暮らしをするために、
お金儲けをしたい。

そのための時間が欲しい。
お金さえあれば、奥さんにも奥さんが望むものを買ってあげられる。
子どもにもやりたいと思ったことを全部させてあげられる。

そして何より、自分が労働から解放されて、
悠々自適な生活がおくれる・・・。
そんな風に真剣に考えていました。

そんなことを夢見ていた20代だったのに、
気づいたらもう29歳!
やばい、30歳までに溢れるばかりの不労所得を構築しなければ!
そんな風にやっぱり真剣に考えていましたね。

で、無理矢理家を飛び出して、
副業をカフェでせっせとやっていたのですが・・・
残念ながら不労所得を構築することは一切できず。

おまけに時間がなくてイライラが溜まり、
子どもを虐待してしまうという、
超悪循環、悪循環の一番下にいました。

あなたもそんな状況ではありませんか?

時間がないは「手がたりない」と同じ

手が足りないという例え

よく考えると「時間がない」という悩みは、
「手が何個あっても足りない」という状況と同じです。

つまり、同時にあれもこれもやろうとしているから、
そうなっているだけの話しなんですね。

両手で一度に持てるものの数はせいぜい2個です。
多くて3個か4個。持つものの形によってはやっぱり2個。
大きいものを持とうとすれば1個が限界かもしれません。

なのに、一度にあれもこれも持とうとして、
あっぷあっぷしている、そんな状況覚えがありませんか?

物置部屋にいったついでに、
本も電池もパソコンもとってこようとして、
パソコンの上に本と電池を乗せたはいいけど、
バランスが悪くて落ちてしまう。
そしてイライラ・・・。
そんな感じです。

一度で全部済ませよう、効率良くやろうとしすぎるあまり、
容量オーバーになってるだけですね。

育児の話しに戻ると

育児の話しに戻ると、あなたはすでに仕事をやっていますよね?
それだけでも十分大きいものです。

妻もいるわけですから、妻のご機嫌とりも必要ですよね。
それもなかなかの大きさじゃないですか?

そこに育児が加わったら、
もう完全に両手ふさがっている状態ですよ。

その状態で、趣味も自分の時間も同時にはもう持てません。
どれか1つ置くしかありません。

どうすればいいか・・・

私は人間には、「やりたいこをやる時間は用意されている」と考えています。

しかし、「やりたいことを『同時にすべて』やる時間はない」とも思います。

簡単にいうと、

  • どれか置きなはれ
  • どれか諦めなはれ

っていう話ですね。

あなたにぜひ考えて欲しいのは、どれが大事ですか?
どれも同時にやろうとするから、あっぷあっぷしてるだけ。

あなたの1日の中で、どれか止めてもいい時間、
必要のないことをやってる時間はありませんか?

ずばり言うと、やっぱり「スマホ」時間。
これをまず削ってはどうかと思います。

私はそれで、とてもイライラが減りました。
時間のよゆうも感じられるようになりました。

ぜひ、スマホをやめてみてください!

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む