夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 子どもを叩くのをやめられない?やめたいなら、まずは自分を認めてあげよう。

子どもを叩くのをやめられない?やめたいなら、まずは自分を認めてあげよう。

2019.2.18


子どもを叩くのをやめられない?やめたいなら、まずは…

あなたは、子どもを叩くのをやめられない。何とかして、「子どもを叩くのをやめたい」と悩んでいませんか?

私も同じでした。子どもを叩くのを、やめたくてもやめられませんでした。やめようとすればする程に、どす黒い憎しみが湧いてきて、手が出てしまう。そんな状態で本当に悩んでいました。

私がやめられるようになったきっかけをお伝えします。

今の自分を認めてあげる、受け入れてあげる

私は心屋というところで、心理カウンセリングを学びました。マスターコースという半年のコースでしたが、コースの内容はカウンセリングの教育よりも、「自分自身と向き合う」ことが中心でした。

あなたはこれまで、「自分自身と向き合う」ということをやったことがありますか?心理学や心の問題とは縁がなければ、あまり自分自身と向き合う必要はなかったかもしれません。

しかし、子育てがうまくいかいと思ったら、そろそろ自分自身と向き合う時期です。人生も1/3が過ぎようとしているのではないでしょうか?人生の中盤に向けて、自分自身の内面を見つめ直す時期であると思ってください。

今の自分を認めているか?

「子どもを叩くのをやめる」うんぬんの前に、まず考えて欲しいのが「あなたが、今のあなたのことをどう思っているか?」です。

  • 仕事も全然満足していない
  • 育児もうまくできていない
  • 妻ともうまくいっていない
  • 家事も全然手伝っていない、まだまだ。将来のお金のことも不安

そんな状況だったとしましょう。そのとき、あなたが自分のことを…

  • そんな自分はダメだ
  • そんな自分じゃあ人に合わせる顔がない
  • もっと努力して、よい人生にしないと
  • もっといい暮らしが自分にはふさわしい

そんな風に思うなら、あなたは「自分で自分を認めていない」ということになります。そのように「自分が自分を認めているか」ということを「自己肯定感」と言います。認めてないというのは、自己肯定感が低い状態であると言います。

一方で、そんな状況でも、自分のことをこう思う人もいるのです…

  • 自分はこの状況でよくやっている
  • 7年間も同じ会社でよくやってきた
  • 喧嘩はするけど離婚はしていない。よくやっている
  • 子どもを作っただけで十分だ

こんな風に思える人は、自己肯定感の高い人です。「自分で自分のことを認めている」という心のあり方ですね。おそらく、そういう人はこのブログには訪れていないと思います。

自己肯定感が低いと、強制終了する

「自分で自分のことを認めていない」つまり、自己肯定感が低いと、生きているのがつらくなってしまいます。どんだけ頑張っても、頑張っても、現実が変わらない、うまくいかない。どんだけ頑張っても、人から認められない、妻から感謝されない。もう自分は、この生活に耐えながら一生を終えるしかないのか・・・そんな気持ちで毎日生きていけるでしょうか?

はい、無理なんです。おそらく、どこかで強制終了がかかります。人によっては、うつ病になったり、身体をケガして入院したり、また過去の私のように、児童相談所に虐待がバレて強制別居、1人で暮らすことになったり、と。

そうです、子どもを叩くのがエスカレートすると、いずれ児童相談所のお世話になるときが来ます。そうすると、あなたは妻や子どもとは別居させられるか、何らかの方法で子どもと関われないようにさせられます。そうして、嫌でも心を休めさせられる事態になるのです。

自分で自分を認めるために、声に出して言いたい言葉

「もっともっと」をひっくり返そう

私は「自分で自分を認める」ということをやっていきました。いろんな場面で「自分はダメだ、もっと頑張らないと!」と思っていることを発見しました。そのたびに、「いやいや、こんな自分でもいいだ」と思うように変えていくことで、叩きたくなる衝動が湧いてこないようになっていったのです。

ぜひ、あなたも一度「もっと○○しないと」「もっと○○を改善しよう」「もっと○○になりたい」と思っていることがないか、自分自身と対話してみてください。

そして、そんな「もっと」を見つけて、「もう十分」にひっくり返していってください。すると、心が楽になり、叩きたくなる衝動、ぶわっと湧いてくる憎しみが消えていきます。

今の自分を認める言葉

「今の自分を認める」「今の自分を肯定する」ために、静かな場所でこれらの言葉を声に出してみてください。心の中で思うだけではなく、声に出すことで効果があります。

  • 俺ってもう頑張ってるよな~
  • 今まで○年間、本当によく頑張ってきた!(○は自分の年齢)
  • 本当にもう十分だよ
  • この状況で子育てやって俺って偉いな~
  • 妻も子どもも俺がいて幸せだろな~
  • 俺はほんっとうに、よくやってる!
  • 会社に行ってるだけで十分だよ!
  • 毎朝ちゃんと起きてるだけですごい!
  • 働かなくても俺は十分よくやってる
  • ダメな自分でもいい~
  • よく頑張ったね~、俺!
  • もう許す!お前(自分のこと)は何もしなくてもいい!

声に出してもらえましたか?

すごく気が抜けて、背負っていた何かが降りる気分になったと思います。

「もっと○○しなければ」「頑張って○○しよう」と思う度に、これらの言葉を思い出して、「今の自分」を認めてあげるようにしてください。そうすれば自然と、イライラやストレスが減っていき、子どもを叩くのをやめられるはずです。

もし何か分からないことや、疑問に思ったことがあればぜひ、コメントをくださいね♪

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む