夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 子どもはどこまで褒めればいい?子どもを褒めるのが苦手なあなたへ

子どもはどこまで褒めればいい?子どもを褒めるのが苦手なあなたへ

2019.3.19


子どもは親の愛情がすべてで、褒めてもらうのが本当に好きです。褒めていると「褒めて褒めて」になって、何でもかんでも褒めないといけない・・・そんな状態になるかもしれません。このとき、褒めるのがちょっと辛くなってくるかもしれません。そんなとき、どこまで褒めたらいいのでしょうか?考えてみましょう。

兄弟で「すごい?」合戦が始まる

グッド?ベリーグッド?ナイス?

子どもが保育園で英語のクラスがあるので、最近私は子どもを「good」とか「very good」と褒めるようになりました。

それが子どもはとても嬉しいらしく、ちょっと片付けをすると「ベリーグッド?」って聞いてきます。私からすれば、片付けしてもらえるとありがたいので、そこは「ベリーグッド」です。

保育園の帰り道、道路を横断するときに、手を上げて渡っていました。その後、「ベリーグッド?」って聞いてきました。私からすれば、手を上げて渡るのはいつも教えているし、当たり前のことなので、「グッドとかではないな・・・」と思ったので、「ナイス!」と言いました。

そしたら「ナイス」って何?と聞いてきたので、「素敵なことだよ」と答えはしたのですが、もはや何がナイスで何がグッドなのか分からなくなり、「そんなことも褒めないといけないのか・・・」とちょっと辛くなりました。

ベリーグッドに疲れた

昨日も保育園から帰っていると、子どもが先に走っていったのですが、横断歩道の前で止まって私を待っていました。その待っていた事に対して、子どもがvery good?って聞いてきました。

私からしたら、横断歩道を先に渡られると危ないので、待っていて欲しいです。ですが正直、褒めるようなことではないと思いました。ですが、良いことだったので「very good!」と言いました。

そしたらそれ以降、なんかよくわからないですが、何でもないことで「ベリーグッド?」って聞いてくるようになり、

どこまで誉めなあかんのやろ?

って思いました。

子どもは誉められるのが大好きです。2~3回褒めてると、兄弟で褒められる合戦が始まって、ちょっとしたことで褒められよう褒められようと、「ベリーグッド?」と聞いてこられて、褒めるのに疲れてしまいます。

聞かれるたびに、

  • これはgood
  • これはvery good
  • これはnice

って考えるのが本当に疲れてしまいました。

そんなとき、ふと思ったんです。

なんで?「どこまで褒めなあかんのやろ」

と自分は考えているのだろうか。これは褒める、これはすごく褒める、これは褒めないの基準って何?と。

そう考えてたどり着いたのが、

どこまでも褒めていい。

のではないかということです。

  • 小さいことでも褒める。
  • 当たり前のことでも褒める。
  • もう、できてなくても褒める。
  • 生きているだけで、ただただ褒める。

でいいんじゃないかと。そしたら、自己肯定感が高い子になりそうですよね。「僕って生きているだけで褒められる存在=価値がある存在なんだ」と自然と思うようになりそうです。

なぜ、私は褒めることを考えるか?

あなたは、子どもを褒めるとどうなると思っていますか?もしくは、どんな時に褒めようと思っていますか?

  • 褒めたら調子乗る。
  • 褒めてばかりだとダメになる。
  • ○○できたら褒める。
  • 言うことを聞いたら褒める。

そんな風にもしかして思っているかもしれません。

では、

なぜそう思うようになったのでしょうか?

これは私がいつもお伝えしているとおり、幼少期に親からそう刷り込まれたからですよね。おそらくあなたは、

子どもの頃に親から褒められた基準で、
子どもを褒めている

と思います。ここでは、今の自分の行動が、幼少期の記憶から来ているということが分かればOKです。

それとは別にちゃんと叱る

ただし、褒める一方で、叱るときはちゃんと叱ることももちろん必要です。

「褒めるだけ」ではなくて、「叱る」もやる。褒めるだけだと、それはそれで「何だかな~」という気分になるはずです。一方、「叱る」だけだと子どもも自分も毎日が楽しくなくなるでしょう。

「褒めるだけ」で「叱らない」がいいですよと言ってるわけではないことに注意してください。

子どもを褒めるようにしか、自分を褒められない

この記事を書いていて、以前に書いた記事を思い出しました。「褒めて育てるは間違い?弊害と、子どもの褒め方」です。

もしあなたが、

  • 褒めたら調子乗る。
  • 褒めてばかりだとダメになる。
  • ○○できたら褒める。
  • 言うことを聞いたら褒める。

こんな風に思っていたら、できたこと、言われたことを守ったときに子どもを褒めているなら、自分に対してもそうしているはずです。

その結果、

  • 褒めたら調子に乗る→だから、あまり褒めない
  • 褒めてばかりだとダメになる→だから、あまり褒めない
  • ○○できたら褒める→できなかったら落ち込む
  • 言うことを聞いたら褒める→言う通りにやること優先

こんな自分になっていませんか?そんな生活につまらなさや、退屈感を覚えているかもしれません。

もしそうだとしたら、まずは小さいことでもいいので、自分か子どもを褒めるようにしていきましょう。

例えば、

  • 保育園に行けたこと
  • 朝、目が覚めたこと
  • 今日一日が無事終わること(寝る前)

など、当たり前のことから褒めていくと、どんどん褒め上手になっていきます。

そうすると、次は他の人のことも褒められるようになり、人間関係が上手くいくよう回り始めます。

やっぱり人間、褒められると嬉しいものです。今の100倍は褒めることを目標にしてみてください。人生が楽しくなること、間違いありません!

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む