夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 子どもに怒りたくない?怒る時にこの2つを伝えよう。

子どもに怒りたくない?怒る時にこの2つを伝えよう。

2019.2.18


子どもに怒ってしまう「自分」が嫌!?

子どもに怒ってしまう自分が嫌だって悩んでいませんか?

私もよく子どもに怒っています。というか、毎日確実に1回は怒っています。それでも子どもは「パパ大好きー」って言ってくれます。子どもに怒るのは、もうしょうがないですよ。子どもは「怒られるのを喜んでいる」面もあるぐらいです。

まずは「怒ってしまう自分」を認めてあげてください。

  • しょうがないよね~
  • 怒りたくなくても怒ってしまうんだよね~
  • 私ってよくやってるよね、ほんと。
  • 怒る以外は実はけっこういいパパだよね~

そんな風に、「怒ってしまう自分」を認めてあげましょう。

自己嫌悪すると、さらに大きな怒りを沸かせる出来事がやってくるものです。そもそもなぜ子どもを怒ってしまうかというと、愛情があるからですよね?愛情がないというのは、つまり、無視/無関心。しっかりと子どもに関心が向いているという証拠なんですよ。

怒らない子育ては無理!諦めよう。

子どもに怒らないって無理ですよ。だって、ほっといたら、どんどんいたずらやわがままってエスカレートしますもん。

怒らないと確実に家がむちゃくちゃになってしまいます。子どもはやっていいこと/いけないこと、やって欲しくないことをわかってないので、怒って伝えるぐらいしか方法がないです。

怒らずにやるとしたら、無理やりおもちゃをとりあげるとか、身体をつかんで強制的にひっぱっていくとか、そういう方法しかありません。それはそれでどうなの?って感じですよね。「ちゃんと伝えればわかってくれる」が通じない世界です。

怒らないなんて無理。私も理想のパパ、優しいパパになるために、にこやかに諭すように言い聞かせるという努力をしてきましたが、余計にイライラするということがわかって、その努力を止めました(笑。今では自由に怒って怒鳴ってキレています。

怒らないように怒らないようにしていること自体が、余計に子どもを怒るようなことをさせているわけです。「怒らない子育て」は諦めて、とっとと怖いパパになってしまいましょう。

怖いパパが平穏なとき=優しいパパなわけです。理想としている優しいパパも、ちゃんと怒る時があってこその話ですよ。

「好きだけど、怒るんだよ」とわかってくれる5歳の子ども

先週末に回転寿司のスシローにいったのですが、嬉しいできごとがありました。

3歳の次男が、他の人の寿司が運ばれてくるレールを触り始めたので、「ダメ!やめなさい!」と言うと、「怒るのやだ~!」って言って泣き始めたのです。5歳の長男が最近よく「パパ怒るもん!」と言ってぎゃん泣きすることがあるので、おそらくそれを見て次男もマネをしているのでしょう。

店内で泣かれたら困るな~と思っていたとき、長男がこう言ってくれました。

「好きだけど怒るんだよ!」

これは、長男が「パパ怒るから嫌い!」「僕のこと嫌いなんでしょ!」と泣きながら言ってるときに、私と妻が子どもに言い聞かせている言葉でした。

私たちは『「好き」と「怒られる」ことは関係ない』ということをわかって欲しくて、泣きわめく長男を抱きしめながら、よく「好きだけど怒るんだよ」と何度も伝えていました。

そのことが、長男はようやく理解ができてきたようでした。「好きだけど怒る」ということを、長男が次男に言ってくれたことが、私にはとても嬉しいことでした。

「あっ、ちゃんとわかってくれたんだ」って安心したのです。

子どもに怒る時に伝えたいこと

子どもに怒ってしまうことは仕方がないことです。「怒らないように、怒らないように」とすればするほど、余計に怒りたくなってしまいます。

怒ると子どもは泣いたり拗ねたりしますよね。そんな時はこの2つを伝えてあげましょう。

怒った理由とあなたの気持ち

「怒った理由」というのは、「なぜ?怒ったのか?」「何に対して怒っているのか?」ということです。

たとえば道路で走り回っていて、「コラァッ!」と怒ったあとはこんな感じです。

  • 自転車とか車が来たらひかれてしまうよ、危ないよ
  • 走り回っていたら他の人の迷惑になるから、やめようね

これぐらいは多くの人は伝えているのではないでしょうか。まあ、伝えても1回ではわかってくれないので、しつこく伝え続けるしかありません。

それともう1つは、あなたの気持ちです。「それをされると、あなたはどんな気持ちになるのか」を伝えましょう。

  • 君がケガしたらパパは悲しいんだよ
  • 君がいなくなったらパパは悲しむよ

○○されたら、「どんな気持ちになるから嫌なのか」を伝えることで、子どもに伝わりやすくなります。

ここまでして言い聞かせてもダメなら、もう無理ですよね(笑。怒って当然です。怒って全然問題ないです。

怒ったことと好きなことは関係ないこと

怒ったことで泣いてしまったり、拗ねてしまったら、このことも伝えるとよいです。

  • パパは君が大好きだけど、怒ってしまうんだよ
  • 怒ってゴメンね。でも好きだから怒っちゃんだ

このことを伝えていくと、子どもは話を聞いてくれやすいです。怒られた=嫌われたという思考回路で拗ねられてしまうと、何を言っても聞いてもらえなくなってしまうからです。

なので、「怒られた=嫌われた」ではないんだよ。「好きでも怒るんだよ」ということを繰り返し伝えていくことで、あとあとも怒った時に話を聞いてもらえやすくなります。

やっぱり怒らないのは無理

ここまで怒ったときの伝え方を書いてきましたが、そうは言っても、怒らないのは無理だと思います。これらの伝え方をしたからと言って、子どもが素直に言うことを聞くわけではありません。

そんなときは、こう考えてみてください。

怒ることをする=子どもは自分らしく生きている

ということです。

つまり現段階で、「怒られるから、自分のやりたいことを我慢する」という人間にはなっていないということです。親の目線を気にたり、親の顔色をうかがうような人間にはなっていないということです。「怒られてもいいから、自分のやりたいことをやる」ということですから、子どもの自己肯定感は高いと言えますね。

もちろん、怒るべきとは怒らないといけないですし、怒りたくなくても必ず怒ってしまうので、あなたは「子どもの顔色をうかがわず」に、どんどん自由に怒ってください。

カテゴリー: 育児・子育て ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む