夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 妻との会話でうんざりするとき、思ったことをどんどん出してみよう

妻との会話でうんざりするとき、思ったことをどんどん出してみよう

2019.4.4


あなたは奥さんと会話していて、うんざりしたことありませんか?「もうええわっ」って、途中で会話を投げ出したことありませんか?私はあります。昨日もあったのですが、私が思わず放った本音に、私が笑ってしまいました。もう「妻との会話でうんざりしなくなる」ヒントをお伝えします。

妻が自分の会話に同意しないとき

私、心理カウンセラーをしているので、日々の生活の中で気づいたことがあると、妻に話すんです。

昨日の夜、フィットネスの帰りにふと自動販売機で20円のお釣りを見つけたので、とって帰りました。そのとき、なんとなく「お金は汚いもの」って自分が思ってることに気づいたんですね。その思いが、自分がお金を遠ざけている原因なんじゃないかと思ったからです。

帰宅して、子どもを寝かせた後、夫婦で会話をしていました。今日あったことや、この間参加したワークショップの振り返りなんかをしていました。その後で、お金の話をしたんです。

  • 私「自動販売機のお釣りとか、落ちてるお金を拾うのって、汚いって思うじゃん?」
  • 妻「いや-、汚いというよりは、貧乏くさいって思うね」
  • 私「そう?汚いって思わない?」
  • 妻「貧乏くさいかな~」
  • 私「(つまんね)」

意味わかりますか?

私が「お金を汚いと思ってる」のに、妻は「お金を汚いとは思ってない。貧乏くさいと思ってる」と言ってるんです。

私が何を感じたかというと、

妻から同意が得られない

妻と感覚が合わない

と感じたんです。せっかっくこっちは、今日気づいたことをイイ事だと思って話したのに、「そうだね」という同意が得られない。だから、その先の話しができないから、腹が立ったわけです。そんなことにも同意が得られないから、その先を話しても無駄だし、何も面白くないと感じたんです。

こういうとき、だいたい、私はキレます。

(会話が)つまんねっ

と言って、キレますね。話が進まないから。

同じこと思っとけよ

いつもはキレて、険悪な感じで会話が途切れてしまうことが多いです。

しかしこの日は、心屋の上級ワークショップを受け終えたばかりだったので、もう少し本音に近づこうと思いました。

そしてこのとき出た言葉が、

「同じこと思っとけよ」

でした。

これを言った瞬間、私は思わず笑ってしまいました。

自分って・・・どんだけ横柄なんだろう

って、気づいたからです。

その後、3回ぐらい「同じこと思っとけよ」って言ったのですが、その度にやっぱり笑ってしまいました。

笑ったということは、「安心した」ということ。つまり、本音をわかってあげたからです。本音が言えた安心感です。

同じこと思っとけよという言葉の裏

「同じこと思っとけよ」という言葉の裏には、どんな思いがあるのか考えて見ました。

欲しいのは、

  • 「みんなと同じ」という安心感
  • 「自分は正しいんだ」という安心感
  • 「自分は間違ってないだ」という安心感
  • 「自分の考えはあってる」という安心感

きっと、そういう安心が欲しかったんだと思います。

そして、なぜ安心が欲しかったのかと言うと、自分が不安を感じているからですよね。

  • 他の人と違うかもしれない
  • 自分は間違ってるかもしれない
  • 自分の考えはおかしいかもしれない

そんな不安を持っているのです。

そういうことを、私は、

  • 恥ずかしいこと
  • 劣っていること
  • ダメなこと

だと思っていたのかもしれません。

ここで必要なことは、

  • 他の人と違う考えをする自分
  • 間違ったことを言う自分
  • 的外れな考えをする自分

を自分が受け取ること、認めること。

そうすることで、妻との会話が、もっと楽しめるようになりました。あなたもそうすることで、奥さんとの会話を安心して楽しめるようになります。

  • 他の人と違う考えをする自分
  • 間違ったことを言う自分
  • 的外れな考えをする自分

こういう自分を認めてないと、奥さんに限らず、他人との会話はとてもつまらなくなるはずです。なぜなら、いつも自分が間違っていないか、的外れではないかを見張ってしまうから。見張ることにエネルギーを使ってしまって、しんどくなってしまいます。

早く自分が「他人と違う」ということを認めていきましょう。

 

いかがでしたか?思い当たる節はありましたか?もし同じようなシーンが思い浮かぶなら、ぜひ、私のセミナーに参加してください。他の人と違う考えをする自分、間違ったことを言う自分を認めて、受け入れていく方法をお伝えしています。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む