夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 好きなことが楽しくなくなる?やりたいことを楽しめるようになる方法

好きなことが楽しくなくなる?やりたいことを楽しめるようになる方法

2019.4.15


やりたいことをやっても楽しめなかった私。むしろ、不安だらけでしんどくなってしまった。その根本にあったのが、価値第一主義。価値が与えれているか?が不安になって、家でも休めない。そんな状況から抜け出すため記事のです。

あなたにとっての価値って何?

あなたにとって価値って何ですか?

私にとって「価値」っていうのは「役に立つこと」です。なので、価値第一主義というのは、役に立ってるかどうか主義ですね。(私にっとはね)

 

なので、常に、

相手の役に立ってるかどうか

がめちゃくちゃ気になってるんです。

気になってるどこか、自分が役に立ってるかを常に見張っている。役に立たないといけない。という脅迫観念がありました。

これが自分がやりたいことだと思っていたことをやっても、楽しめなかった理由です。

楽しいよりも前に「役に立てているか」が気になってるのです。

もっと言えば、自分が、

  • 使えるやつかどうか
  • 成果出せてるかどうか
  • 期待通りの動きをしてくれるやつかどうか

こんなことが気になってるのです。

 

役に立とうとするのを辞める

さて、「価値第一主義」「役に立つ主義」から抜け出す方法は、それはもう、簡単なんですが、

役に立つのを辞める

しかありません。

 

簡単なように見えて、これが実はめちゃくちゃ怖いことなんですね。

私の場合、やりたいこと=講師だったのですが、私の考えていた「役に立つ講師」というのは、

  • 受講生が眠らないように、退屈しないように、楽しい授業をすること
  • 受講生が理解できるように、わかりやすい、猿でもわかるような授業をすること
  • 受講生が良い成績がとれるように、試験対策をきっちり行うこと

こんなことを想像していました。

 

しかし、そんな授業、やろうとしたらめちゃくちゃ準備しないといけないんです。

しかも・・・

  • 猿でもわかるような授業しようとすると、かみ砕いて教えるので、スケジュール通りに進めることができない。
  • 試験対策をきっちり行うと、試験対策したところは理解するが、他のところの理解がおろそかになる。
  • おまけに、どれだけ楽しい授業しても、寝る人は寝る。

こんな具合で、私の考える役に立つ講師って、そもそも無理なんですよね。ハードル高すぎるんです。それをやろうとして、勝手に自分が苦しんでるんです。アホでしょ。

で、これが役に立つのを辞めるというのはどうなるかというと、

授業をしない

ということになりました。

授業をしないでどうしたかというと、

  • 受講生に自習させる。自分で勉強させる。
  • 私は教えたいとこだけ教える。

です。

役に立とうとするのを辞めるポイント

このときのポイントは

  • 自分を信頼する(この場合、講師としての自分)
  • 相手を信頼する(この場合、受講生たち)

です。

 

まず、「役に立たなくても、自分はお金をもらっていい」と自分に言い聞かせる必要があります。

そのときに、自分を信頼していないと、すぐに不安になって役に立とうとしてしまいます。

「役に立たないといけない」が勝ってしまうからです。

 

もう1つは、相手を信頼する必要があります。具体的には「受講生は自分で勉強する力がある」と信頼することです。

相手を信頼していないと、すぐに教えてあげたくなる=役に立とうとしてしまいます。

 

役に立とうとするのを辞めた結果…

私がやりたかった仕事である講師において、役に立とうとするのを辞めた。つまり、

  • 楽しませない
  • 教えない
  • 面倒見よくフォローしない

をやっていった結果、受講生がどうなったかと言うと、受講生の主体性(自分で勉強していく姿勢)が発揮されてきて、自分たちで教えあって勉強してくれるようになったのです。

その結果、私は授業中はみんなの様子を見ているだけでよくなりました。

事前準備もすることなく、私は今までの経験を伝えていけばいいだけ。

そんな楽な状態で講師業をすることができるようになったのです。

 

もしあなたも、あなたがやりたいと思った仕事がしんどいと感じたときは、価値を与えようとしすぎていないか、役に立とうとしすぎていないか、一度チェックしてみてくださいね。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む