夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 夫婦関係は「妻」への「母親扱い」をやめると劇的に改善する!

夫婦関係は「妻」への「母親扱い」をやめると劇的に改善する!

2019.2.20


週に1回は大げんかしていた私の夫婦関係

私が子どもを虐待していた頃、夫婦喧嘩は本当にひどいものでした。

週に1回は大げんか。週末に家族ででかけても、出先で喧嘩して、自分だけ帰宅。そんなことがよくありました。

結婚してから年々、喧嘩はひどくなっていきました。最初は私は根強く奥さんに向き合っていましたが、数年すると、「毎週同じような喧嘩している。もう嫌や。何年も話し合ってきて解決できひんねんから、もう話すのやめよ」と言って向き合うのをやめていました。

他にも

  • 死ね
  • クソ野郎
  • そんな嫌なら何で離婚しないの?

そんな罵声を浴びせてしまったことも何度もあります。(奥さん、ゴメンね)

それぐらい、私にとって夫婦仲というのは大きな課題でした。ただ、ずっと悪いだけではなくて、もちろん喧嘩してうまく仲直りできたときは、いわゆる「ラブラブ」で幸せな状態が続きました。

でもそんな「ラブラブ」な状態は1週間も続かず、また週末には喧嘩。お互い家事・育児・仕事で疲れが溜まっていたから、ちょっとのことで喧嘩に発展しやすいという背景もありました。

劇的に改善した1つの発見

ドトールでキレた私

1年前ぐらい、ドトールで奥さんとコーヒーを飲んでいました。

私は最近感じたことや考えていたことを、奥さんに話していただけだったのですが、どうも会話がかみ合いません。奥さんが話しに対して「うん」と言ってくれず、いちいち「そうかな?」とか言ってきたので、私は少しずつ苛ついてきました。

そして最終的には「もうええわ、お前と会話したくない」と喧嘩して、ドトールから先に出てしまったのです。奥さんも険しい顔になっていました。

その後、本来なら一緒に保育園に子どもを迎えに行って、子どもたちに喜んでもらう予定だったのですが、私1人でお迎えに行くことになりました。

保育園に迎えにいく道すがら

そのとき、頭に浮かんでいたのが「おかんの顔」でした。なんとなく、「おかんの顔」がチラッチラッと頭に浮かんでいたのです。

おかんと話しが通じない感じだったのでしょうか。とにかくそこで私は、心理学を学んでいたこともあり、「ああ、なんとなく、奥さんじゃなくて、母親と会話してる気分になっているな」と気づいたのです。

気づいただけで変わった

「奥さんと会話しているつもりで、おかんと会話しているみたいになってる」ことに気づいた私は、意識的に「奥さんはおかんじゃなくて、1人の女性」というつもりで接してみようと思いました。

子どもを連れて家に帰って、奥さんの顔を見たときに・・・

なんと、怒っておらず、いつもの顔に戻っていたのです。

その後も、「奥さんは『女性』である」と意識するだけで、夫婦がなんとなくうまくいくようになったのです。

自分の行動も自然と変わりました。

  • 重いものをもってあげる
  • 扉を開けてあげる(レディーファースト)
  • 優しい言葉をかける

そういうことをやろうという気に、勝手になっていったのです。それは、結婚前は当たり前のように奥さんにやっていたことでした。いつしか結婚して、奥さんを母親扱いするようになってしまっていたのです。

男性が結婚すると/夫になると、妻を母親扱いしてしまう仕組み

なぜ、男性が結婚して夫になると、妻を女性扱いしてしまうのでしょうか?結婚する前はラブラブで、永遠この状態が続くと思っていたのに、なぜ?

これは、人間の認知に関する原則が影響しています。
それは

人間は過去の出来事をもとに、目の前の出来事を解釈する

という超重要な原則です。

幼少期の男の子にとって、女性とは完全に「母親」です。(逆に、女性にとって男性とは「父親」です)

男性は幼少期に、母親との関係を通じて、「対女性」との関わり方をパターン化していくのです。

すると

  • 飯を用意してくれる人
  • 部屋を掃除してくれる人
  • とやかく言ってくる人
  • お小遣いをくれる人

そのようなパターンができています。(家庭によりますが)

成人して、結婚した後にそのパターンが出現してきて、目の前の「妻」である「女性」に対して、「母親のパターン」を適用してしまうのです。何も考えずに、心理を学ばずに、パートナーシップを学ばずにいると、一生このパターンから抜け出すことはできません。

意識の上で気づくだけで改善する

このパターンから抜け出して、夫婦関係を改善するには、

「俺、奥さんを母親扱いしているな」

と気づくだけで抜け出すことができます。(できました)

すると、

「いかんいかん、奥さんは母親ではない、1人の女性だった」

と思い直すことができます。

そうすると、自然と奥さんに対する接し方が変わってきます。1人の女性として扱う=結婚前の配慮ができるようになるため、奥さんの反応も変わってきます。

その結果、円満な夫婦に戻れるというわけです。

 

いかがでしたか?

あなたは奥さんを「女性」として扱っていますか?「母親」として扱っていませんか?

もし「母親」として扱っている、「母親の顔がちらちら浮かぶ」ようであれば要注意です。すぐに「奥さんは1人の女性である」と思い直してください。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む