夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 夫婦のセックスレスを解消する。奥さんに「したい」と思ってもらう、たった1つのポイント。~後編~

夫婦のセックスレスを解消する。奥さんに「したい」と思ってもらう、たった1つのポイント。~後編~

2019.2.26


セックスレスの原因は、奥さんを「○○」だと思っている

奥さんをこんな扱い方していないですか?

肝心のセックスレス(あなたが奥さんから拒否される)の原因ですが、次の質問を考えてください。

あなたは奥さんを女性として扱っていますか?

ということです。

「当たり前じゃん。奥さんは女性だよ」という声が聞こえてきそうですが、そうではなくて、

  • 甘えてばっかり、あなたの母親
  • 子どもの面倒を任せっきり、子守の人
  • 家事、洗濯、料理は全部押しつけ、家政婦

そんな風に扱っていませんか?という質問なんです。

なぜこんな質問をするかというと、心理の法則として

自分が相手を扱うのと同じように、自分も相手から扱われる

というのがあるからです。

もし上のどれかに当てはまるなら、あなたは奥さんからこう思われている可能性が高いです。

  • 母親→あなたは子ども
  • 子守の人→あなたはお金を稼ぐ係の人
  • 家政婦→やっぱりお金を稼ぐ係の人

いかがでしょうか。なんとなくそんな風になってるな・・・と思い当たる節がありませんか?

セックスは男女の自然な営み

「セックスとは、男女の自然な営み」だとしましょう。男性と女性がいれば、自然とやるものだということです。

にも関わらず、あなたが奥さんにセックスを拒否されるということは、「あなたは男性として見られていない」ということです。なぜ男性として見られていないかというと、「あなたが奥さんを女性として接していないから」だと私は考えます。

多分あなたは、結婚前、交際中はセックスしていたのではないでしょうか?その頃を思い出してください。

  • 重い荷物をもってあげていた
  • 気持ちをわかってあげようと一生懸命だった
  • 優しい言葉、甘い言葉をかけていた

こういうのが、男性が女性に対する態度です。正直、めんどくさいですよね。げんなりする人もいるかもしれません。ですが、こういうことを自然とやっていたから、奥さんも「あなたを男性として認め」ていたわけです。

それを結婚後、特に出産後にしなくなったとしたら・・・断られて当然ですよね。

解消法その1 奥さんを母親扱いしないこと

特に男性は、結婚したら奥さんを自分の「母親」であるかのように扱い始めます。それは、家庭における女性との接し方という幼少期に身に着けたパターンが発現してくるからです。

特に奥さんを、

  • ママ
  • おかあさん

なんて呼んでいたら、確実にあなたは奥さんを「オンナ」ではなく、「オカン」として認識していると思ってください。

  • 掃除はやってもらうもの
  • 洗い物はやってもらうもの
  • 洗濯はやってもらうもの

そんな風に思っているのも赤信号です。「いやいや、うちは分担制なんだよ」と言っても、その分担が「男性-女性」という関係ではなく、「オトン-オカン」みたいな関係にしています。

分担制度を飛び越して、奥さんの分担になっていることも手伝ってあげてください。それが「優しいオトコ」です。

解消法その2 自分を男性扱いすること

もう1つ、あなたは自分を男性として扱っていますか?

  • おやじのような適当なファッション
  • 家族と同じシャンプー、石けん
  • 中年のようなたるんだ体形

になってないでしょうか?そうだとしたら、完全にあなた自身が自分を父親(=オヤジ)扱いしています。そうなると、奥さんから拒否されて当然です。オヤジ好きの奥さんなら別ですが、そんな人めったにいないでしょう。

心理の法則を思い出してください。鏡の法則です。

あなたがあなたを扱うのと同じように、相手もあなたを扱う

というものです。

あなたが自分をオヤジ扱いしていたら、100%オヤジ扱いされます。もしあなたが当てはまるなら、すぐに「俺はオトコだ!」ということを思い出してください。

エッチな下着をプレゼントしてみよう

最後に。

奥さんに女性の象徴である「エッチな下着」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

Tバックの下着がいいと思います。もしかして、奥さん自身も女性を捨てて、家事育児に励んでいた場合、ハッとするかもしれません。「私ってオンナだった!」って気づいて、色気が出てくるかもしれませんよ。

もし、受け取り拒否されたら、私に相談してください(笑

 

あなたがセックスレスを解消して、夫婦円満になるように応援しています!



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは? New

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー... New

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした... New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決 New

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む