夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

仕事が続かない、職場を転々としていた男性

2019.3.1


人間関係がうまく築けず、仕事が長続きしない

かなりつらそうで、うつ状態という男性から、「仕事が長続きしないんです」という相談がありました。

コンピュータ関係の仕事をしているのだそうですが、

  • ちゃんとやっている
  • 言われた通りにやっている

にも関わらず、こと細かく指摘されたり、イラッっとされることが多く、会社にいるのがつらくなるとのことでした。

この男性、国立大学を出ていた高学歴なのですが、同じチームでは年下の人が指示をだ明日立場らしく、最近では毎日その人にイライラしてしまい、会社に行きたくないとのことでした。

そんなパターンが続いていて、会社を転々として長続きしないことで悩んでいました。

自分が抑えている感情を認めると、自分と仲直りしやすい

つらかった幼少期

聞いてびっくりしたのですが、幼少期はとてもつらい環境だったようです。

  • 父親は変わった人で、定職に就かず、生活費を稼いでこない。
  • 姉も引きこもりになっていた。
  • 母親は生活費を稼ぐために、家にいないことが多く、帰ってきても常にイライラしている。

聞いているだけで、本当につらかったんだろうなと思いました。

母親からは、

  • 褒められたことがない
  • 屁理屈ばっかり言うな
  • 男として魅力がない

そんなことをよく言われていたそうです。特に「屁理屈ばっかり言うな」というのは、職場でもそれに似たことをよく言われるそうで、かなり我慢してここまでやってきたと話してくれました。

つらかったことを認めたくない

まずは、今の自分を認めてあげてもいいんじゃない?と思ったので、

  • つらかった…
  • つらすぎた…
  • つらいよ…

と言ってもらおうとしました。すると、「今は言いたくありません」とのことで、しばらく間を置いても、やはり言いたくないとのことでした。

言いたくないことを押し付けることはできませんので、次に、

  • だまれ!
  • うるさい!
  • もう我慢しないぞ!
  • 俺は怒っているんだ!

と言ってもらいました。すると、涙を流していました。そして「それが言いたかったことです」とのことでした。

本当は言いたいことがあるのに、それさえ必死に耐えてきたんだなと思いました。また、「怒り」を抑えるというのは、自分もやっていたことだったので、自分と重なる面もありました。

ひとしきり涙を流した後、前に戻って、「つらかった」というのを言ってもらうと、「本当に言いたかったことが言えて」とてもスッキリしたようでした。

自分が、

  • つらい
  • つらけど我慢している
  • 本当は怒っている

ということを認めずに、自分だけで背負っていたため、ますますつらくなる状況を作っているのです。

諦めていたこをやろうという気持ちになった

この男性もやはり、相談に来たときはうつむき加減だったのですが、声に出して言葉を言ってもらって、たくさん涙を流した後は、とても軽やかなオーラになっていました。

そして驚いたことに、「子どもが欲しい」と言っていました。というのも、怒りが出てきたら困る、怒りが湧いてきたら殴ってしまいそうで、子どもを作るのをやめていたそうです。

でも、相談が終わる頃には「子どもが欲しい」と言う気持ちになったそうです。

「怒り」を抑えていることが、「子どもを育てること」にこんなに影響していることを知って、私もとても勉強になりました。

カテゴリー: ブログ 実績


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • あなたのストレス解消法は?

    こんばんは、虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。   あなたは「私はこうやってストレス解消してま...

    詳しく読む
  • ヤマダ心理サポートで提供中のサービス一覧

    ヤマダ心理サポートで提供中のサービス一覧です。 1.虐待を辞めるための相談・心理カウンセリング 虐待を辞めるために必...

    詳しく読む
  • 私が虐待を辞めれた理由は、自分を「お金お金から」...

    虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。 今日、ふと思ったのですが、 結婚して子どもがいる人は、 もうそれだ...

    詳しく読む
  • 虐待を辞めたいけど辞められない人の2大特徴

    虐待夫婦問題専門カウンセラーの山田です。 私は自分が5年程前、虐待をして児相に別居させられていたところから、 自力で...

    詳しく読む
  • 虐待を辞められない人があっという間に虐待を辞める...

    虐待・夫婦問題専門カウンセラーの山田孝典です。 今日は、「虐待を辞めたいけど辞められない」という人が、 虐待を辞める...

    詳しく読む