夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • ネガティブな人に疲れる?職場の同僚/部下/上司とラクに付き合う方法

ネガティブな人に疲れる?職場の同僚/部下/上司とラクに付き合う方法

2019.3.5


ネガティブな年下の同僚にイライラ

私、春からとある企業で研修の講師をすることになっています。
初めて講師をするので、研修を受ける必要があり、先日行ってきました。

一緒に研修を受けたのは3人だったのですが、そのうち1人の超若手(ほぼ新卒)が、めっちゃネガティブな人で、聞いててイライラしました。

  • 前の会社がいかに悪かったか(批判)
  • 前の会社はなくなった方がいいこと
  • 前の会社を辞めて正解だったこと

そんなことをちょくちょく挟んでくるんです。

それを聞いてて私は、

  • こいつ社会人としてあかんやろ
  • こいつ前の会社disりすぎやろ
  • ネガティブな発言は控えた方がいい

そんな風に感じました。

「ははは~そうだよね~、わかる~、そういうこともあるよね~」なんて表では笑いながら、「そんなん言うなやボケ!」って心の中では思っていたんです。

裏表のある私、表にネガティブが出ている彼、対照的でした。

私は褒められていい子ちゃん

その日は初めて受講生の前でする、「自己紹介」の練習でした。

私はとても褒められました。

  • みんなのフィードバックがちゃんと反映されている。
  • 回数を重ねる度によくなっていく。
  • 温かみや愛情を感じる。

など、とにかく褒められました。そりゃそうですよね、「やれ」と言われたことやって、「こうして」と言われた通りにやってるんですから。

「講師」という建前上、自分は「権威」があって、「教わるにふさわしい人だ」と思ってもらう必要があります。本当の自分って、「昔はプータローだった」「会社を2回も辞めている」のに、そういうことは言わない(隠すわけではない)で、自分のいいとこ、ポジティブ面ばっかり出してることに微妙な気分になっていました。

そして、帰るときの疲労感が大きかったんですよね。褒められるのは嫌な気持ちではないんですが、「また褒められたか~(建前の自分が)」という気分になると同時に、上のネガティブな若手の話を聞いていて、自分がすごいエネルギー浪費していることに気づいたんです。

自分らしいのはどっち?

ネガティブもポジティブも両方ある

本来の人間誰しも、ポジティブもネガティブもあります。強みや長所もあれば、弱みや短所もあるはずです。

それなのに、

ネガティブな発言はダメ、すべきではない

禁止している私は、ネガティブ面を否定している。ポジティブに「偏ってる」と言えるでしょう。

ネガティブ発言満載の彼は「神」

  • 前の会社がいかに悪かったか(批判)
  • 前の会社はなくなった方がいいこと
  • 前の会社を辞めて正解だったこと

こういうのは、「職場では話さない方がいいこと」として教わっていませんか?

にも関わらず、それを堂々と話している彼、逆にすごいですよね?

だって、

  • 他の人(私を含む)からどう思われているか気にしていない
  • 一般常識を堂々と破っている
  • それでいてひょうひょうとしている

わけですから。

私には、

  • 怖くてできないこと
  • あり得ないとこと
  • やってはいけないこと

を、彼はやっていると言えます。彼は言ってみれば「神」です。

会社でネガティブ発言してもいい

結論。ネガティブ発言、会社でしても大丈夫です。(この若手男子みたいに。)

ネガティブ発言によって、彼は首になるわけでもないし、昇進が遅れることもないでしょう。むしろ、「こいつはしょうがないやつだな~」なんて、かわいがってもらってるかもしれません。

ポジティブで何でもできちゃう人は、ほっといてもできちゃうので、かわいがりようがないですよね。

ネガティブ発言をする同僚、後輩、上司が気になったあなたは、

  • 私、できませ~ん
  • 私、間に合いませ~ん
  • 私、無理で~す
  • 助けてくださ~い
  • 誰か手伝ってくれな~い?
  • あれ嫌だ~
  • あれやりたくな~い

なんて言うのがちょうどよいですよ。

そうすると、ネガティブ発言をする人がまったく気にならなくなります。会社帰りの疲労感もなくなります。それでも全然、回りの人からすれば「あなたはできる人」と思われます。

なぜなら、今のあなたは頑張りすぎているから。ポジティブだけに偏っているから。

自分のネガティブ面を認めて、実際に出していくことで、あはたは自分らしく、ラクに生きることができるようになっていきます。

職場でも家庭でも、ダメな自分を出していってみてください。

回りの人がとっても優しく感じるはずです。そのときの安心感こそ、あなたが本当に欲しかったものですよ。

カテゴリー: 男性・夫の心理 ブログ


このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは? New

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー... New

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした... New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決 New

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む