夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • お金を稼いでも稼いでも本当に満足できない、自分が本当に求めているものは?

お金を稼いでも稼いでも本当に満足できない、自分が本当に求めているものは?

2019.3.1


ある程度のお金とスキルが手に入った

私は大学を卒業してから、新卒採用で就職はせずに、1年間派遣社員みたいな形で働いて、100万円を貯金しました。(今思えば、新卒採用で就職しておけばよかった)

その後、1年間海外をバックパッカーで旅行しました。1年後に帰国して上京、しばらくはいくつかの仕事を転々としながら、上京して3年後にはコンピュータープログラマーになることができたんです。

子どもの頃からパソコンが好きだったので、仕事でプログラミングができることはとても楽しかったです。

  • できなかったことができるようになる楽しさ
  • 経験を経るごとに任される範囲が広がっていく楽しさ
  • 同年代の中では真ん中ぐらいの給与水準

こういうのも手に入れることができて、そこそこ満足はしていました。

転職することで、年収もアップして、なんとなく悪くない生活はできていたはずだったんです。

同時に副業で年間100万円、奥さんの稼ぎも合わせると、世帯収入は1000万円近くあって、それも他人と比較すると悪くはないはずだったんです。

楽しいのは「最初」だけ

  • できなかったことができるようになる
  • 新しいことを任される
  • 年収が増える

こういうことを経験していたのですが、正直、それによって嬉しいのはほんの一瞬。それを手に入れた瞬間だけでした。手に入れた瞬間、その「喜び」「嬉しさ」「達成感」は流れていく感じがするのです。

カウンセリングにしてもそうです。師匠がやっているようなカウンセリングが「できるようになる」と、やった、俺にもできた!って思います。「できない」うちは、「できるようになりたい!」という思いで必死にやっていくのですが、いざ「できる」と、一瞬で飽きてしまいます。

そして次の瞬間に思うのが、

  • 何でこんなことやってたんだっけ?
  • 結局俺がしたかったことって何?
  • それができるようになったからって、何?

そんな疑問が湧いてきちゃうんです。

そしてモチベーションがだんだん下がっていく。そんなことをずーーっと繰り返していました。

本当に自分が求めているもの

常に湧いてでる疑問

そしてあるときに疑ってみたんです。

このまま、

  • 新しいことができるようになる
  • 稼げる額が増える

それって本当に嬉しいのかな?楽しいのかな?って。

一見すると嬉しいですよね。何かができるようになって、それによってお金が増えるんですから、文句ないはずです。何年か前の私が望んでいたものに違いありません。

でも、それで充実感を得ることができていない。常に「自分って何がしたいの?」という疑問にかき消されている。

無難な範囲で生きている

思い返すと、人生、仕事において、常に無難なことしかしてなかったんです。

  • 望まれていることができるようになること
  • 必要とされていることができるようになること
  • ニーズを満たすためのスキル
  • 仕事を早く、効率よく進めるためのスキル

そういうのができるようになって、その対価として、ある程度の報酬はもらっていました。

コンピュータープログラミングという仕事は確かに好きでした。

しかし、その仕事を別の視点で見てみると、

  • お願いされた仕事を、納期内で終わらせられるように
  • 上司から、他の人が怒られていても、自分は怒られないように
  • 他のメンバーが計画から遅れていても、自分は遅れないように
  • みんなが使っている技術を使って、失敗がないように

そんな風に、常に「他人の目線」を気にして、

  • 誰かのニーズ、言われたことが満たせるように
  • 怒られないように
  • 迷惑かけないように
  • 失敗しないように
  • 痛い目にあわないように

仕事をしていたんです。

こんな感じ、つまり「無難」な感じで仕事をして、「誰かのニーズ」ばっかり満たそうとしていたんです。

その結果、ある程度の満足感、ある程度の充実感、ある程度の対価はもらえても、「なんか違う」感がずーーーっと残っていたんです。

自分らしく生きていない

この「ある程度の」から抜け出して、本当に満足できる、心からの満足感・充実感を手に入れるために必要なのが、「自分らしく生きる」とうい姿勢、あり方です。

つまり

  • 自分のニーズが満たせるように
  • 自分が言い出したことをやる
  • 怒られたり、批判されてもいい
  • 迷惑かけてもいい
  • 何回、失敗してもいい
  • 痛い目にあってもいい

こういう「覚悟」で、何かに取り組んでいくことが必要なんです。

これをやっていかない限り、毎日無難な人生を歩み続けることになります。

これをやっていかない限り、

  • 何をできるようになっても
  • どれだけお金をもらっても

決して満足することはありません。「もっともっと」と、次の課題を見つけたり、大きな問題を作り出すことになります。

「他の場所に自分のやりたいことがある」と永遠に何かを探し続けることになります。

 

いかがでしょうか?

あなたは今の生活で「何でこんなことやってるんやろ?」って思ったことはありませんか?

できることも増えた、給料ももらってるはずなのに、つまらない、退屈。そんなことを感じていませんか?

もしそうなら、早く「自分らしく生きる」ということをやっていきましょう。

そうすれば、

  • 何もできなくても
  • 報酬が少なくても

本当に望んでいたものが手に入りますよ。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 虐待をやめられない夫婦の特徴~自分は正しいと思っ...

    お久しぶりです、心理カウンセラーの山田孝典です。 数ヶ月ぶりの更新ですが、月一のセミナーは粛々と開催していました。 ...

    詳しく読む
  • 実は虐待してよかった!?虐待ビフォーアフター

    あなたは虐待していますか? あなたは子どもを叩いたり殴ったりしていますか? もししているなら、朗報です。 私は、虐...

    詳しく読む
  • 【3つのステージの重要ポイント】問題だらけのステ...

    昨日、人生の3つのステージという動画を公開しました。 あのステージを提示した一番の理由を言うの忘れていました。 それ...

    詳しく読む
  • 慢性的な退屈を抜け出すには?「人生のステージ」を...

    今日の動画は、 「人生の3つのステージ」という話です。 (実は私、心理カウンセリングよりもこういう話がしたかったんで...

    詳しく読む
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せ...

    虐待に限らず使える超強力なノウハウです。 虐待なんか一瞬でやめれます。 早くこの動画を実行して、虐待をやめてください...

    詳しく読む