夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せた瞬間に虐待はやめれるを公開しました。

【1日で虐待をやめる】虐待やめてもいい許可を出せた瞬間に虐待はやめれるを公開しました。

2020.2.17


虐待に限らず使える超強力なノウハウです。
虐待なんか一瞬でやめれます。
早くこの動画を実行して、虐待をやめてください。

動画を見るだけでこの動画の意味がわかるなら、
もう虐待はやめれているでしょう。

高度すぎて、虐待していたときの自分が見てもわからないというか、
信じられなかったかもしれません。

が、真実です。

あなたが自分はもう虐待やめていいと許可した瞬間に、
虐待をやめることができるんです。

甲子園に向けて練習をしている高校野球の球児。
なんであんなに必死に練習するんでしょうか?

「俺たちはこんなに頑張ってるんだから、甲子園に行けないわけがない!」
と思えるために、実は練習しているんです。
そう思えたチームが、甲子園に行けます。

そう思えないチームは、県大会で力が出ないので負けてしまいます。

甲子園に行くのと、虐待やめるのどっちが簡単か。
虐待やめる方がよっぽど簡単ですよ。

私は精神科医に虐待やめるの30年かかるって言われましたが、
ウソですね、あれは。
やめさせる方法を知らないだけでしょう。
もしくは離婚させたかったか。

信じてたら大変な目にあうところでした。

虐待した子どもには本当に申し訳なかったと思っていますよ。

でも、虐待してから、そこから立ち直る過程を経て、
私の人生はめちゃくちゃよくなっています。

仕事、夫婦、お金、
どれもこれも虐待前よりよくなっています。

あなたもなります!

 

P.S.次男くんが5歳になりました!


仮面ライダーが好きみたいです!
イタトマで仮面ライダーのケーキを購入。
めっちゃ喜んでくれました!
嬉しかったです!

P.S.2 一緒に虐待やめませんか?

無料メール講座に登録すると、
虐待をやめるうえで大切なのに、医者は教えてくれない、
自分を認めるということが何かわかります。

虐待をやめるためのセミナーも案内していますので、
ぜひ登録してください。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索

   

YouTubeチャンネル


>>YouTubeへ<<


最近の投稿

  • 悲しい時は、今の自分にOKを出そう。 New

    心理カウンセラーの山田孝典です。   今日は夕方以降、なんとなく悲しい気分になりました。 なんでだろ〜〜...

    詳しく読む
  • 3連休、家族とべったりでイライラしませんでしたか...

    心理カウンセラーの山田孝典です。 3連休、お疲れ様でした(笑 連休最終日の今日は、長男の誕生日でした。 昨日か...

    詳しく読む
  • 夕方に退屈を感じないためのシンプルな方法

    あなたは今日やることを、自分で決めていますか? ほとんどの人は、「決まった1日」を生きていると思います。 朝起き...

    詳しく読む
  • 退屈な人が見逃しているたった1つのこと

    お久しぶりです。 心理カウンセラーの山田孝典です。 「退屈」で悩んでいるあなたへ。 昼間の仕事、もっと集中して...

    詳しく読む
  • 苦手な人との付き合い方、本質的な解決方法の決定版...

    あなたの回りに苦手な人っていませんか? もちろん、人によってどんな人が苦手かは違います。 私も未だに「この人、嫌い!...

    詳しく読む