夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 「自分らしく生きれない」人は、「他人らしく生きている」人。

「自分らしく生きれない」人は、「他人らしく生きている」人。

2019.2.20


「自分らしく生きれない」という悩み

あなたは今、「自分らしく生きれない」と認識していますか?もしかして、「自分らしく生きれない」とは思っていなくても、こんな風に毎日思って生きているかもしれません。

  • 毎日退屈だ
  • やりたいことがわからない
  • ルーチーンの日々だ
  • このままの生活が死ぬまで続くのか
  • 人目を気にしてしまう
  • 他人からの評価が気になる
  • いつも同じパターンで失敗する

こういうことを思ったことがあるなら、「自分らしく生きていない」という可能性が高いです。なぜなら、そういう悶々とした気分は、あなたが「自分らしく生きていない」ことを知らせるサインだからです。

この「自分らしく生きれない」という悩み、言葉をよく考えてみると「自分らしく生きれない」=「他人らしく生きている」と言えます。

つまり、他の誰かの「価値観」「常識」「期待」を優先して生きているときに、「自分らし生きれない」と感じるのです。

あなたはこんな「他人らしく」生きている

「親」らしく生きている

最もあなたが影響を受けているのが、「親」です。

つまり

  • 親が言ったこと を守る
  • 親がやっていること を無意識に選択する
  • 親が悲しまないように 良い子でいる
  • 親に迷惑をかけないように 遠慮する
  • 親に好かれるように 親が気に入ることをする
  • 親の期待に応えるために 頑張る

こんな判断基準で生きているのです。

もし「あれをやってみたい」「これを買いたい」なんて思ったときも、

  • 親がやってなかった からやらない
  • 親が反対するから やっぱりやめとく
  • 親が嫌な顔するから 諦める

といって、自分の「○○したい」を「無いもの」にしているのです。そうしていると、最終的にどうなるかと言うと、「自分らしさなんかない方がラクだ」という拗ねた考え方になってしまい、自分らしく生きてることができなくなってしまいます。

「世間」「常識」らしく生きている

世間や常識も、あなたが自分らしい選択/行動をするのを邪魔しています。また、世間や常識は「親」を通じて、あなたに影響をおよぼしてくることも多々あります。

何かをやろうとしたときに、

  • 常識的に考えて これはやってはいけないよね
  • 世間の目があるから これは控えておこう
  • 世間的にはNGだから 当然自分もこれはNG
  • 法律で罰せられるから これはやらない
  • みんなが批判するから この発言は避けよう
  • 人気があるから 私もこうする
  • 一般的にはこうだから 私もそうする
  • 知り合いになんて思われるか分からないから これぐらいにしておこう
  • 他の人にあわせて 私もこれをしよう
  • 学校で教わったから これが正しい
  • 恥ずかしい思いをしたくないから これはしない
  • 失敗するとバカにされるから 挑戦しない/無難に生きる
  • かっこ悪いと思われたくないから みんなに合わせる

このような判断基準に思いあたる節があるなら、あなたは「常識」の範囲内でしか生きていません。つまり、学校を卒業して、就職して、結婚して、家を買って、定年まで働くという生き方になるでしょう。

あなたが本当にやりたいことは、その「常識」の中にはないと思ってください。常識の外側に出たときに、はじめて自分らしい生き方、自由な振る舞いができるようになっていきます。

「メディア」らしく生きている

メディアの影響力は絶大で、知らず知らずに私たちの行動に影響を及ぼしています。有名コーチの苫米地英人さんは、メディアを「洗脳装置」と呼んでいます。テレビは映像という強力な手段で、私たちの脳に価値観を刷り込んでくるそうです。

  • テレビであの人が言っていたから これがいいんだ
  • CMで流れてるから これを買おう/ここに行こう
  • ドラマでやっていたから こういう風になりたい

自然とこういう選択をしている人が多いのではないでしょうか。テレビで何度も放映されていると、それが絶対的な正義/正しさであるように私たちは感じやすいのです。

自分らしく生きるステップ

自分の行動の基準を振り返ってみよう

行動するかどうかを判断するときに、「自分が嫌なことはしない、やりたいことはやる」という基準で生きていけたら、どれだけ自由でしょうか。

自分らしく生きるための最初のステップとして、自分がどれだけ「他人らしく生きている」かを振り返ってみてください。

最近

  • 何かやろうとした
  • 何かを言おうとした
  • 何かを買おうとした

けど、「諦めたこと」や「やらなかったこと」を思い出して、なぜ?どんな判断で?やらなかったのかを考えてみてください。そして、その判断基準は「どこ」から来ているかを考えていきます。

このステップでは、「自分がどれだけ他人の生き方」をしているかを痛感することが重要です。痛感できたら、それだけで自分らしい選択ができるようになる人もいます。

「勇気」を出して「期待を裏切る」「常識を破る」

大したことは起きない

あなたが大事に握りしめている「常識」や「親の期待、言った言葉」を破ったとしても、実は大したことは起きません。

確かに、

  • 親が悲しむ
  • 恥ずかしい思いをする
  • 批判される
  • 白い目で見られる

ことはあるかもしれませんが、それも最初だけで、慣れたらそれまでです。

今、あなたはその最初の一歩を踏み出そうとしているのですから、

  • 親を悲しませる
  • バカにされる
  • 指摘される

そういうこともあるということは、あらかじめ受け取っておいてください、想定しておいてください。

親、他人はそう思っているだけ

ただし、それはあくまで『「親」「他人」はそう思っている』だけの話です。

  • へ~、そう思うんだ~
  • へ~、あなたはそう考えるんだ~
  • へ~、悲しませちゃった~
  • へ~、悪いことしちゃった~
  • へ~、怒らせちゃった~

と、聞き流してください。他人のいうことは、全無視でOKです!なぜなら、彼/彼女らも同様に、そういう親から言われたことや、常識/世間の範囲内で生きているからです。批判や反対されるというのは、「彼らの価値観とは違った」というだけの話しです。それによって、あながた行動を変える必要はありません。

これまで守ってきたルール、正しいと思ってきた常識の外側に出るのは、最初は勇気がいりますが、慣れてくるとどんどん勢いがついて、できるようになってきます。

気づいたときには、「自分らしく」生きている、「自分らしく」自由に振る舞えるようになっています。

ぜひあなたも、「自分らしい生き方」を取り戻してくださいね。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは? New

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー... New

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした... New

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む