夫婦喧嘩、慢性イライラ、我が子への虐待、別居・離婚寸前に悩む30歳・共働きサラリーマンのための!

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典のブログ

「夜更かししてしまった」と自分責めをする人へ。

2019.3.13


「夜更かし『してしまった』」って、自分を責める、後悔する、やらかしてしまった気持ちになったことありませんか?夜更かしぐらいしても全然大丈夫ですよ。人生に何の影響もありません。夜更かしできた自分を褒めてみてはどうでしょうか?そうすると・・・

夜更かし「してしまった」?

夜更かしって、だいたい24時を過ぎてもテレビとか見て、気づいたら1時とか2時になってることですよね。計画的に寝なかった場合は夜更かしとは言わないでしょう。特に平日に夜更かしすると、翌朝起きないといけないのに、「今日もテレビ見てしまった」「youtube見てしまった」なんて自分を責めたくなるかもしれません。

夜更かしをして、全く何も思わない、「いつも通りだ」って平気な人がいます。一方で、あなたのように「夜更かし『してしまった』」と後悔や自分ってダメだなって思う人もいるんです。

その違いって何だと思いますか?

私も「してしまった」と思いましたが、次の瞬間・・・

私もつい先日、マツコデラックスの月曜から夜更かしをしていたら、「また夜更かししてしまった」って一瞬、思ったんです。

そのときに、

  • こんな生活してていいのか
  • 全然稼いでないのに・・・
  • 止めたくても見てしまう

という自己責めに陥りました。(ちょっとだけね)

でも次の瞬間、

夜更かしするぐらいがちょうどええわ

って思ったんです。

あんた、早く寝なさいよ!というオカンの声

  • 夜更かしをしても何も感じない人
  • 夜更かしをすると自分責めする人

この違い、実は子どもの頃にかけられたオカンの言葉にあります。

夜更かしをすると自分責めする人は、「夜更かしはいけないもんだ」って思い込んでるんです。何でそう思い込むようになったかというと、子どもの頃にオカンから言われた言葉、

  • あんた、はよ寝ーよ!
  • 夜更かししたらあかんよ!
  • テレビばっかり見てたらあかんよ!
  • 早寝早起きしなさい!

って言われた記憶はありませんか?

そんな記憶が定着してしまう=夜更かししてはいけないと思い込んでしまうと、「夜更かしした瞬間」にオカンの声がフラッシュバックして、

あかんことやってもた

っていう罪悪感が生まれるんです。つまり、あなたの頭の中にオカンが住み着いてるっていうことです。

罪悪感の正体はそれだけ、「オカンに言われた言葉」です。

夜更かししてもいい

ここでお伝えしておきたいのですが、夜更かししても、全然いいです。大丈夫です。

夜更かししてはいけないって思い込んで、罪悪感が出てしまうと、翌朝体調が本当に悪くなるんです。

罪悪感がない人は、夜更かししても翌朝ぴんぴん、体調には何の影響もありません。

オカンの「夜更かししたらあかん」っていうのが定着している人は、夜更かし以外にもいろんなオカンの言葉から影響を受けているはずです。

なので、オカンの言いつけを破って、新しい現実を作っていこうという意味で、「夜更かししてもいい」です。

それぐらい、ゆるゆる(緩む)になった方が、何事もうまくいきます。

むきになって、会社で成果を出すために、

  • 早寝早起き
  • 短眠
  • 規則正しい生活

なんてやる必要ありません。そういうことをしてるから、かえってうまくいかないんです。

これからは、「夜更かししてしまった」と自分責めするのではなくて、

  • 夜更かしした。だから何だ?
  • 夜更かしできた。明日は体調ばっちりだ!
  • 夜更かしした。それと会社の評価は関係ないし~

ぐらいに思ってください。

みんなにすすめてるわけじゃない

現状を変えていく、より良い方向に人生をすすめていくには、今やっていてうまくいかないことの逆をすることがとても効果的です。

なので、「夜更かしする」というのは、みんなに勧めているわけではありません。

  • 今まで夜更かしばっかりしてきた人は、規則正しい生活を。
  • 今まで早寝早起き、規則を守ってきた人は、規則を破って夜更かししてみる。

そういう風に、自分がダメだと思ってきたルールをやってみることが大事です。



このブログを書いた人

虐待・夫婦問題専門カウンセリング|ヤマダ心理サポート代表 山田孝典

虐待・夫婦問題専門カウンセリング ヤマダ心理サポート 山田孝典

1986年兵庫県明石市生まれ。年上の奥さんと結婚した後、2人の子を授かるも、イライラをコントロールできずに、我が子を虐待してしまう。
家族と幸せに暮らせるようになるため、育児系のブログやウェブサイト、公共の無料相談、クリニック・病院の心療内科・精神科、民間カウンセラー(アダルトチルドレン系)に助けを求めるも状況は改善されず。。
別居・離婚寸前だったが、心屋塾に入門し、虐待をやめることができ、「今の自分でもいいんだ」と思える、実用的で現実的に効果のある方法・ポイントにたどり着き、虐待をやめられて、奥さんとも円満に暮らせるようになった。

詳しくはこちら

無料メール講座のご案内

イライラして子どもを叩いてしまうという会社員のパパへ
なぜ「今の自分を認めていないと」子どもを叩いてしまうのか?
夫婦円満になって、子どもを叩くのをやめる方法が学べる7ステップメール講座を無料でお受け取りください。 今だけ無料!

ブログ検索



最近の投稿

  • 虐待と不倫・夫婦円満の関係とは?

    こんばんは、 虐待・夫婦問題カウンセラーの山田孝典です。 今日は、相談者さんにほんとに多い、 虐待と不倫について、...

    詳しく読む
  • 山田にDV・虐待の心理相談に来られる人で多いケー...

    こんにちは。 虐待・夫婦問題専門心理カウンセラーの山田孝典です。 ありがたいことに、 最近ちょこちょこ相談を受...

    詳しく読む
  • 私が今の仕事をしている理由に気づいてびっくり

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 私は心理カウンセラーをしていますが、 平日の昼間はシステムエン...

    詳しく読む
  • 不労所得を得て会社を辞めて、自由に海外旅行をした...

    こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 不労所得さえあれば自由になれる? 毎日会社に行くのが退屈! 嫌だ...

    詳しく読む
  • 毎日・仕事が退屈?退屈の理由と根本的な解決

      こんばんは。 心理カウンセラーの山田孝典です。 今日の話題である「退屈」。 実はこの「退屈」、山田...

    詳しく読む